東京ヤクルト・ドラフト1位の寺島成輝投手はブルペンなしで1軍キャンプへ

東京ヤクルトルーキーニュース

東京ヤクルトは新人合同自主トレを打ち上げたが、ドラフト1位・寺島成輝投手は一度もブルペンに入らなかった。

ノーブルペンでキャンプへ

昨年のドラフト1位で投手は10人、1月14日の埼玉西武の今井達也投手がブルペン入りしたのを皮切りに、9人はブルペンに入り投球をしている。そんな中で寺島投手だけがブルペンでの投球を行わなかった。

初ブルペン日付選手名球団投球数
14日今井達也埼玉西武30
15日加藤拓也広島32
佐々木千隼千葉ロッテ58
藤平尚真東北楽天21
16日柳裕也中日16
17日濱口遥大横浜DeNA22
堀瑞輝北海道日本ハム30
21日田中正義福岡ソフトバンク24
22日山岡泰輔オリックス28
ブルペン登板なし寺島成輝東京ヤクルト

決して故障があるという事ではない。「ゆっくりでいいと言われているし、周りは関係ない。焦りもないです」とマイペースを強調した。淡々と自分の球を投げていく寺島投手らしいスタイルだと思う。

キャンプでも

寺島投手は真中監督より開幕ローテーション入りも期待され、キャンプも1軍スタートとなる。しかし、その1軍キャンプについても小川SDは「彼の場合は長期的なスパンで成長曲線を見ている。」と話し、「とにかく段階を踏むこと」とまずは1軍を経験し「1軍の環境に触れる、なれるという経験」を得ることと、1軍キャンプスタートさせる意図を語った。

しかし無理をしてペースを上げないように、寺島投手には一部、別メニューが組まれる。東京ヤクルトは昨年のドラフト1位・原樹理投手が序盤に故障で離脱し、ドラフト3位の高橋奎二投手も6月に左肩痛で、また4位の日隈ジュリアス投手も8月に左ひじを手術するなど、毎年投手の故障に悩まされている。寺島投手には故障は絶対にさせたくない。

寺島投手はキャンプに入り、第1クールにはブルペン入りする事が予定されているという。このキャンプを故障なく無事に乗り切って、オープン戦などで調子を上げてゆきたい。

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page

1月中に投球練習せず、初ブルペンの日にちも決まっていない。高校時代『ビッグ4』と並び称された楽天・藤平、西武・今井、広島・高橋昂の3投手はすでに投球を披露しているが「他球団の選手は関係ないし、情報も知らない」と平静だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント