昨春センバツ制覇、智弁学園・村上頌樹投手、納大地選手が東洋大練習参加

東洋大, 村上頌樹, 納大地

智弁学園のエースとして昨年のセンバツ大会で優勝の立役者となった村上頌樹投手と、U18で決勝で優勝を決める打点を挙げMVPに輝いた納大地選手が、スポーツ推薦で合格が決まっていた東洋大の練習に参加した。

キャンプに参加も

昨春のセンバツで全試合に完投した村上投手は、最速145キロの速球と安定した制球を持つ。この日はブルペン入りすると捕手を立たせた状態で約30球を投じ、感触をつかんでいた。村上投手は「勝てるピッチャーになりたい」と話し、大学通算30勝を目標に掲げた。

一方、納選手はフリー打撃を行うと、さっそくサク越えを放つなど調子の良さをアピールした。甲子園での優勝、そしてU18でのMVPと大きな舞台を経験しており、「そういう舞台で経験したことを自信に変えたい。優勝したい」と力強く語った。

高橋監督は二人について、「1年春からチャンスがある。キャンプには連れて行きたい」と話し、キャンプに連れていく事を話した。

東洋大は昨年春に一部に復帰するとリーグ3位となり、秋は笹川晃平選手(東京ガス)が首位打者になる活躍を見せリーグ2位となった。今年は笹川選手やショートの阿部健太郎選手(NTT東日本)が抜けるため、納選手も出場の機会がありそうだ。

東洋大がスポーツ推薦合格発表、智弁学園・村上頌樹投手、納大地、浦和学院・諏訪賢吉選手など18人が合格

高校では頂点を知る2人。通算30勝を目標に掲げた村上が「試合でも落ちついて投げられると思う」と話せば、納も「そういう舞台で経験したことを自信に変えたい。優勝したい」と力強い。

最速145キロ右腕の村上は「勝てるピッチャーになりたい」と決意表明。昨年のU―18アジア選手権(台湾)の決勝戦でV打を放ち、MVPを獲得した納は「首位打者、ベストナインが目標」と言い切った。


PAGE TOP