ヤクルトドラフト2位の大下佑馬投手、亜大同期の山崎康晃、薮田和樹に追いつく

三菱重工広島, 亜細亜大, 大下佑馬

東京ヤクルトにドラフト2位で指名された大下佑馬投手は、亜細亜大で同期だった山崎康晃投手、薮田和樹投手を目標に挙げた。

亜大同期

亜細亜大から三菱重工広島に進み、3年目でドラフトで指名された大下投手、その間にプロに進んだ亜細亜大の同期達が、大活躍を見せていた。

亜細亜大では2つ上に東浜巨投手が、1つ上に九里亜蓮投手がいた。そして同学年には山崎投手、薮田投手がいた。山崎投手が同学年のエース格で、リリーフ、先発に登板しリーグ戦15勝を挙げた。その山崎投手は2014年のドラフト1位でDeNA入りした。

そしてもう一人、リーグ戦では3年春に1試合だけしか登板の無い薮田和樹投手が広島にドラフト2位で指名されてプロ入りした。そして二人はプロ3年目に山崎投手は日本シリーズで抑えのエースで投げる投手となり、薮田投手は今年15勝を挙げる投手となった。二人は共に侍ジャパン入りもしているトップ選手となった。

大学時代、大下投手は3年時に少し投げ、4年秋にようやく6試合に登板しリーグ戦初勝利を挙げた。遅咲きの投手だったが、薮田投手よりは実績はあった。

社会人で3年間を過ごし、今年の都市対抗ではリリーフで140キロ中盤の勢いのある球を投げ、同期から3年遅れでドラフト2位でプロ入りした。「先にプロに入っているので、追いつきたい」と二人を目標に同じセリーグの舞台で戦う。

亜細亜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

ドラフト2位の大下佑馬(三菱重工広島)は亜大時代の同期である広島・薮田、DeNA・山崎康を目標に掲げた。

 侍入りした2投手に「先にプロに入っているので、追いつきたい」。春季キャンプの1軍スタートが内定した最速150キロ右腕は「まずは開幕1軍」を目指す。


PAGE TOP