東京ヤクルトのドラフト1位・村上宗隆選手に首脳陣絶賛

東京ヤクルト, 村上宗隆

東京ヤクルトも新人合同自主トレがスタートし、ドラフト1位の村上宗隆選手には、みまもった首脳陣から絶賛を受けた。

送球、打撃、走り

高校時代は捕手や一塁手だった村上宗隆選手は、プロでは三塁手に挑戦する。キャッチボールを見た小川監督は、「内野手というものを意識した投げ方」と、サードとしての素質を評価すると、トス打撃では宮本ヘッドコーチが「バットの扱い方がいいなと思った」と評価した。

また200m×10のインターバル走では「気持ちで走りました。もっと声を出して頑張りたい」と後半にトップを維持するスタミナも見せた。

キャンプでは2軍スタートの方針でじっくりとサードとして鍛えていくが、新人合同自主トレ初日から首脳陣の目に留まり、今年の秋ごろには1軍を経験できるのではないかと思う。主軸候補として成長を期待したい。

2017ドラフト指名選手

捕手から三塁手に転向するが、キャッチボールを見た小川監督が「内野手というものを意識した投げ方」と感心すれば、トス打撃を見た宮本ヘッドコーチも「バットの扱い方がいいなと思った」と評価した。キャンプは2軍スタートの方針だが、200メートル×10のインターバル走は最年少ながら後半にトップを維持。「気持ちで走りました。もっと声を出して頑張りたい」とアピールを誓った。


PAGE TOP