JX-ENEOS・三上朋也投手、日本新薬・中村駿介投手、日本生命・吉原正平投手などが好投

社会人野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 JABA京都大会では王者JX-ENEOSがNTT西日本を4-0で下した。法政大時代にドラフト候補として注目された190cm右腕・三上朋也投手が先発し無失点の好投をした。

 三上投手はJX-ENEOSに入ると昨年の前半は好調を維持していたが、都市対抗以降に調子を崩し、先発しても結果を残せない状態が続いていた。この日の投球をきっかけにこれから好投を続けられれば、ドラフト上位候補にもなれる投手。

 また日本新薬の中村駿介投手が伯和ビクトリーズを完封した。中村投手も150km/hを越すストレートで一昨年の秋に活躍し、昨年はドラフト候補として期待されたが、制球を乱して結果が残せず候補から外れていった。186cmの大型右腕だけに注目される。

 日本生命は吉原正平投手、藤井貴之投手の150km/hコンビでエナジックを完封リレー、小林誠司選手のリードも良かったのでしょう。日本生命では柿田裕太投手、小田裕也選手、井上晴哉選手、広本拓也捕手などもドラフト候補として名前が挙がる。今年はゴッソリとプロ入りがあるかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント