セガサミー・浦野博司投手、東京ガス・石川歩投手の投げ合いは浦野投手が勝利、福岡ソフトバンク視察

浦野博司, 東京ガス, セガサミー, 石川歩

 東京都企業野球秋季大会ではセガサミーと東京ガスの対戦が行われ、セガサミーは浦野博司投手、東京ガスは石川歩投手のドラフト上位候補同士の投げ合いとなった。

 試合は初回、東京ガスが浦野博司投手が先制点を奪ったものの、浦野投手はその後、フォークボール中心の投球で3回に3者連続三振を奪うなど7奪三振で初回の1点のみに抑えた。対する石川投手は4回に逆転を許したもののその後も投げ続け、味方の反撃を待ったが9回にダメ押し点を奪われ1-3で敗れた。

 このプロ注目投手同士の対決を福岡ソフトバンクの田口昌徳スカウトが視察し、浦野投手について「制球が良くてタイミングの外し方がうまい。試合をつくることができる」と話した。

 社会人投手の候補ではJR東日本の吉田一将投手、セガサミー・浦野博司投手、富士重工・東明大貴投手が上位候補に挙げられ、最近はパナソニック・秋吉亮投手も評価を挙げている。その中で吉田一将投手が頭一つ出ている印象で、浦野投手は大学時に150km/hの速球を低めに投げていたが社会人に入ってから1年目の最初は良かったものの、2年目はフォームにキレが無く球速もあまり出なくなり、序盤に失点するケースが目立つなど評価は伸びない状況だった。

 ここへ来て良いピッチングができたようで嬉しいニュースだ。ドラフトで指名されることは間違いないだろうが、ドラフト1位で堂々とプロ入りしたい。

 今秋ドラフト候補右腕の浦野が1失点完投で決勝に導いた。

 初回、先頭打者に三塁打を浴びるなどして失点したが「ズルズルいかずに良かった。どうにかして勝ちたかった」と尻上がりに調子を上げた。140キロ台の直球とフォークで緩急をつけ、3回に3者連続三振を奪うなど7奪三振。視察に訪れたソフトバンクの田口昌徳スカウトは「制球が良くてタイミングの外し方がうまい。試合をつくることができる」と評価した。


PAGE TOP