JFE東日本・小峰弘樹選手が3打点、三菱自動車岡崎・仲井洋平投手が完封、社会人選手の活躍

JFE東日本, 仲井洋平, 三菱自動車岡崎, 小峰弘樹

 スポニチ大会のJFE東日本vs大阪ガス戦では、拓殖大から入社したルーキーの小峰弘樹(旧姓高橋)選手が3安打3打点の活躍を見せた。また三菱自動車岡崎の2年目・仲井洋平投手が強豪・東芝を完封した。その他、JR九州の井上翔夢投手が1失点完投勝利。

 

寒さの中で完投

 強い冷たい風が吹く中で、社会人投手達が完投勝利を挙げている。三菱自動車岡崎の仲井洋平投手は2年目の投手。1浪で入学した慶大では4年間で6イニングに登板している。184cmの大型投手で最速は143km/hを投げるというが、この日は130km/h前半。しかし、スライダー、フォークで打者との駆け引きを制して、見事完封勝利を果たした。

 大学で野球を諦めて商社などに進む道を決めていたが、三菱自動車岡崎の座喜味大河監督に誘われて野球を続け、5kg体重を増やして安定感を増してこの日のピッチングとなった。まだ可能性は十分秘められている。

 JR九州のドラフト候補・井上翔夢投手も日本製紙石巻を1失点に押さえて完投、また日本新薬の4年目で阪神・榎田大樹投手の弟、榎田宏樹投手が7回コールドで3安打完封勝利を挙げた。

 

ルーキー活躍

 スポニチ大会は1年目のルーキーが登場する楽しみな大会でもある。この日はセガサミーの先発は上武大で日本一に輝いたエース・横田哲投手だったが、社会人王者の新日鐵住金かずさマジックを相手に6回4失点でマウンドを降り、敗戦投手となった。プロで活躍する選手が多くなり、社会人でも成長を見せる上武大出身の選手、セガサミーで多くを経験してプロで活躍して欲しい投手。

 JFE東日本は大阪ガスと対戦し、ルーキーの小峰弘樹選手が3安打3打点、2本の2ベースヒットを放つ活躍を見せた。小峰選手は旧姓は高橋で拓殖大で4番を打ち、昨年秋は13打点を挙げて打点王に輝いたスラッガー。社会人でもいきなり4番を任されてこの活躍に、来年のドラフトが楽しみな選手となった。

 

 強豪・東芝を4安打に抑えたというのに、仲井は表情ひとつ変えることなく完封勝利を振り返った。「普段からピンチの場面が多いので、ピンチでも自分のボールを投げられた」。最速143キロの直球は、この日は130キロ台前半がほとんど。しかし、スライダーとフォークを効果的に駆使し、相手に的を絞らせなかった。「力を抜いて、打たれるまでは楽にいこう」。最大の危機は0―0で迎えた6回1死一、三塁。そこでも冷静にコーナーを突いて後続を一飛、遊ゴロに打ち取った。

 「表舞台」とは無縁だった。高校時代は愛知県有数の進学校、時習館でエースを務めたが、3年夏の愛知大会4回戦が最高。早慶戦に憧れ「慶応で野球がやりたい」と猛勉強し、1浪の末に慶大野球部の門を叩いた。

 だが、1年間のブランクの影響もあり入学後に腰を痛めた。3年からはリーグ戦で登板したが未勝利。卒業後を見据え、総合商社などに就職する道を考えた。そんなとき、座喜味(ざきみ)大河監督の誘いがあった。社会人でも野球を継続。1年目の昨季、ウエートトレーニングで体重を5キロ増やしたことで下半身が安定し、頭角を現した。

 第1打席で左前に運ぶと、6、7回にはともに適時二塁打で計3打点。拓大出身の大砲は「オープン戦では結果が出ていなかったので良かった」とホッとした様子。2年ぶりの優勝へ向け好スタートに青野達也監督は「新人がよく打ってくれた」とねぎらった。


PAGE TOP