横浜商大・左澤優投手が3安打9奪三振1失点で完投

横浜商大, 左澤優

 横浜商大は九州産業大とオープン戦を行い、左腕の左澤優投手が3安打9奪三振1失点で完投勝利を挙げ、先発候補に名乗りを挙げた。

 

横浜隼人出身の左腕

 左澤優投手は横浜隼人高校出身で、3年春に神奈川を制した投手。右腕だったらややこしかったが左腕でよかった。大学でも1年生からリリーフで登板していたが、この日は先発すると九産大を3安打9奪三振1失点と好投を見せ、進藤拓也投手に続く先発2番手の座に落ち着きそうだ。

 最速は137km/hながらキレの良いストレートと、スライダーなどの変化球が鋭く、昨年は岩貞祐太投手、西宮悠介投手という大型左腕2枚で戦ってきた横浜商大に、今年は小柄ながらピリっとした球を投げる左澤投手でリーグ戦を戦う。

 左澤投手は「そこを狙いたい」と先発2番手で投げる事を目標としている。また「覚えやすい名前なので知ってもらえたら」と話している。

 

 宮崎県内でキャンプ中の神奈川大学リーグ・横浜商大が10日、久峰球場で九産大とオープン戦を行い、2―1で逆転勝ち。今キャンプ4戦目で初勝利を挙げた。

 1点を追う6回2死二、三塁、3番・酒井翔平左翼手(新3年=東海大浦安)が逆転の中前2点打。左沢(ひだりさわ)優投手(新2年=横浜隼人)が3安打1失点で完投した。佐々木正雄監督(65)は「やっと勝てたな」と安ど。左沢について「このくらいやってくれれば打たれない。(リーグ戦)2戦目の先発に入ってくれば面白い」と、ドラフト候補のエース・進藤拓也(新4年)に次ぐ先発候補として期待を寄せた。


PAGE TOP