三菱日立パワーシステムズ横浜・野村亮介投手に中日が注目

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 ドラフト会議が直前に迫り、各紙のドラフト候補選手特集が組まれている。サンケイスポーツでは三菱日立パワーシステムズ横浜の野村亮介投手を取り上げている。

187cm、149キロ右腕

 野村亮介投手というと静清工高校時代に大型投手として球速こそ140km/h前半も低めに伸びるストレートと、フォークボールで注目されていた。社会人に進んで3年目、ドラフト上位候補として再び注目をされた。

 187cmから最速149km/hの速球を投げるが、特徴は低めの投球で、野村投手も「コントロールを重視している」と話しをする。先日の関東選手権の試合では8球団20人のスカウトが訪れ、中日の中田スカウト部長は「角度があって、低めをつく投球ができる。それに伸びしろがある」と話す。

 またその試合には巨人も6人で視察をしており、1位で岡本和真選手が指名有力となった巨人は、外れ1位や2位で即戦力投手の指名となりそうで、その有力候補の一人になっているとみられる。

 

課題は

 得意のフォークに加え、カーブ、スライダー、カットボールも交える投球で3年目にして頭角を現した野村投手、昨年の都市対抗野球では1/3を投げて2安打1死球で自責点3と苦いマウンドとなった。しかし質の良い速球は注目された。そして今年の都市対抗では初戦に先発し7回1/3を7安打6奪三振1四球で3失点、続く試合では4番手で登板し3回1安打無四球で3奪三振無失点と結果を残した。

 まだプロでは一人で最後まで投げ切るような所までは難しい感じもあり、素材型の投手と言える。コントロールを重視する半面、今年は腕を振りきらずに投げているような所もある。

 プロでは腕を振り切っても低めのストレートを投げられるようになる事、そして体力を付けて1人で最後まで投げられるようになることが課題として挙げられる。それでも素質の高さや将来性十分の投手としてドラフト上位候補は間違いない。

 「角度があって、低めをつく投球ができる。それに伸びしろがある」とほめるのは1位候補に挙げる中日・中田スカウト部長。近年は球持ちの良さよりも、高い地点で角度をつけて球を離せることが重視される。まさにそのタイプで、さらに多彩な変化球を操る野村株は高騰している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント