九産大・浜田智博投手の連投で8回2失点、阪神など4球団が視察

大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 九州大学野球選手権の予選では九産大の浜田智博投手が連投ながらも先発し、8回2失点と好投を見せた。この試合には4球団のスカウトが視察に訪れ、阪神のスカウトが評価をしている。

連投のマウンドも

 昨日は8回を投げて3失点も納得の投球ではなかった九産大・浜田智博投手、この日は2回戦、3回戦がWヘッダーで行われ、3回戦に浜田智博投手が先発した。

 8回を投げて8安打を許し2失点したものの粘りの投球を見せ、浜田投手も「試合前のキャッチボールでつかんだ感じがした。いけると思ってマウンドに上がった」と話した。

 

4球団のスカウト視察

 浜田智博投手には福岡ソフトバンク、横浜DeNAなどがドラフト上位候補として名前を挙げるなど注目度は高い。この試合には4球団のスカウトが視察に訪れた。

 阪神の田中スカウトは「修正して、いい球を投げていた。即戦力でいける素材」と評価した。各球団とも外れ1位、ドラフト2位の選手に熱視線を送る。その前で好投を見せ、浜田投手もドラフト会議の行われる23日を、期待を持って臨む。

浜田智 力投8回2失点 西日本スポーツ紙面 2014/10/20

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント