好調Honda、吉越亮人投手が5回2安打、井上彰吾選手がホームランで快勝

Honda, 井上彰吾, 吉越亮人

 東京スポニチ大会はHondaが勢いがある。昨日は2年目のエース・石橋良太投手が8回無失点で勝利すると、この日は4年目の吉越亮人投手が5回2安打無失点に抑えると、3年目の井上彰吾選手のホームランに2盗塁の活躍で快勝した。

8回コールド勝利

 先発したのは法政大出身の4年目左腕・吉越亮人投手、最速146km/hの速球があり素質の高さを評価されていた。この日は最速145km/hの速球をテンポ良く投げ、5回を投げて2安打無失点と完璧に近いピッチングを見せた。

 エース石橋良太投手と共に先発の軸として今年1年間期待できそうだ。そしてその先にはプロ入りが見えてくる。

 また6回からは仲尾次オスカル投手が登板すると、最速141km/hながらもこちらもテンポよく投げ、3回をノーヒット、パーフェクトに抑えるピッチングを見せた。白鴎大時代にタフネス左腕として注目され、昨年再びドラフト候補として解禁された投手で、球速をもう少し上げられればプロ入りも見えてくる。

 打っては日大出身の3年目・井上彰吾選手が活躍を見せた。5回にバックスクリーンへの2ランホームランを放つなど3打数2安打2打点、また盗塁も2つ記録した。走塁もある181cmの大型外野手として昨年も注目されたが、今年は社会人選手の中で屈指の野手の候補となりそうだ。

 試合は8回コールドで7-0でホンダが勝利し2連勝、決勝トーナメント進出に近づいた。三菱日立パワーシステムズ横浜は、昨年のドラフトで野村亮介投手、福地元春投手が指名され、やや戦力的に厳しい状況となった。しかし今年良い選手を補強しており、その選手を育てたい。

Hondaのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

三菱日立パワーシステムズ横浜のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 雨で一時中断後の5回無死一塁から低めの球をすくい上げてバックスクリーンへ運び「手首が返ってしまう癖があったので、冬はそこを意識して振ってきた。成果が出てうれしい」と喜んだ。50メートル6秒の俊足を生かし2盗塁もマーク。長谷川寿監督は「練習でやってきたことができている」と目を細めた。


PAGE TOP