JR東日本がホンダ熊本に勝利、進藤拓也投手が149km/hリリーフ、Honda熊本・狭間正行投手も登板

社会人野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 東京スポニチ大会、JR東日本vsホンダ熊本の試合は、プロ注目投手が続々登板する試合だった。

JR東日本

 JR東日本の先発は東條大樹投手、桐光学園時代から145km/hの速球をやや横から投げる力のある投手で、青山学院大を経てJR東日本に入社し2年目、同じく2年目の関谷亮太投手と共に先発を期待されている。この日は球速こそ大人しかったものの6回を投げてわずか1安打に抑えるピッチングを見せ、関谷投手が調子を崩す中で先発の柱として期待が高まりそうだ。

 7回からは駒大時代にプロが注目した白崎勇気投手が1回をノーヒットに抑えると、8回には昨日先発しながら2回途中で降板した関谷亮太投手がマウンドに上る。しかしこの日も調子は悪く、1アウトも取れずに2安打を許しで降板してしまう。大学時代は日米野球でも先発として活躍していたが、プレッシャーなのか調子は上がってこない。

 そしてリリーフしたのは昨年、横浜商大のエースとしてドラフト候補に挙がっていた進藤拓也投手。昨日はパーフェクトリリーフを見せたが、この日は2回を投げて3安打を許し1失点、それでも149km/hの速球を中心に力のある球を上げた。

 

Honda熊本

 今年のHonda熊本はプロ注目投手が揃う。先発は荒西祐大投手、玉名工からHonda熊本に進み5年目となる投手だが、低い位置から147km/hの速球を投げる。この日は6回1/3を投げて5安打3失点、球速も140km/h前半を記録しまずまずの投球だった。

 7回途中から朝日大で146km/hを記録したルーキーの菊江龍投手が打者二人をノーヒットに抑えると、8回からは最速154km/hの社会人屈指の速球派・狭間正行投手が登板する。この日は球速は140km/h中盤止まりで2回を投げて1安打無失点も制球を乱すなど今一つの内容だったようで、これから夏に向けて調子が上がっていく事を期待したい。

 

 試合は5-2でJR東日本が勝利、進藤投手と同じく横浜商大出身の畑中翔選手や松本選手がホームランを放った。JR東日本は2連勝で決勝リーグ進出に近づいた。

JR東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

Honda熊本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

 0―0で迎えた7回に4番・松本が左越えソロで均衡を破ると、5歳下の畑中が1死から右越え2ラン。投げては新人右腕・進藤が8回途中から登板し、最速149キロでリードを守りきった。松本は「畑中とアベック弾は初。集中できていた」と言えば、畑中は「凄い先輩です」と尊敬のまなざし。進藤も「きょうは商大デーですね」と笑顔を見せた。

 JR東日本は、横浜商大出の松本晃外野手(29)が七回に先制の左越えソロ、さらにその後一死二塁で畑中翔外野手(25)が右越え2ランを放ち、ピンチから救援し2回を1失点に抑えた進藤拓也投手(22)の“横浜商大トリオ”と先発右腕・東條大樹投手(23)が6回を1安打無失点の活躍で勝利した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント