2017年ドラフト候補、社会人編

鈴木康平, 谷田成吾, 藤岡裕大, 菅野剛士, 西村天裕, 石田光宏, 柏原史陽, 笛田怜平, 宇都宮健太, 北川利生, 田嶋大樹, 善武士, 鈴木博志, 永野将司

2017年ドラフト候補紹介、今日は社会人編です。

2016年は

瀬戸内高校で活躍してドラフト上位候補にも上がっていた山岡泰輔投手が東京ガスに進み、3年目の今年はドラフト1位候補として注目され、オリックスに単独1位で指名されて先頭を駆け抜けた形となった。その山岡投手と比較される位置にいた大阪ガス・酒居知史投手は今年調子を落としていたものの千葉ロッテに2位で指名され、大学時代に注目されたトヨタ自動車・源田壮亮内野手は埼玉西武に3位で指名された。

他にも東芝の谷岡竜平投手が巨人に3位で、ヤマハの池田駿投手が巨人のドラフト4位で、大阪ガスの土肥星也投手が千葉ロッテに4位で指名されたものの、全体的には17名の指名にとどまり、大学生の42人に大きく差をつけられた。

注目選手

JR東日本の田嶋大樹投手は佐野日大時に148キロの左腕投手として注目され、センバツでもベスト4入りする実績を残した。3年でのプロ入りを目指して社会人入りすると、1年目から結果を残しエース格として登板をしていた。今年もまずまずの投球を見せていたが、秋に選出されたU23代表では登板がなく、チームも含めてやや状態を落としているところがきになる。来年春には元気に投げられる姿を見せることができれば、ドラフトでの指名は固い。

ヤマハの鈴木博志投手は、投の怪物候補の一人。リリーフで登板して154キロの速球は迫力十分で、高めの球は恐ろしくも感じられる。秋の日本選手権では先発でも結果を残し、来年は先発としてチャレンジするか。先発としてやや苦労をする事もあるかもしれないが、力は十分評価されており、こちらも指名は固い。

NTT東日本の西村天裕投手は帝京大時代も154キロの球を投げドラフト上位候補だったが、ドラフト前に左膝前十字じん帯を痛めてプロ入りが見送られた。今年1年目で故障の影響も心配されたが、秋には150キロ級の球を投げ込んだ。区切りを入れるならば、この3人が今年の社会人投手のBIG3か。

他にも東京ガスの石田光宏投手は関西学生リーグの大エースとして実績があり、社会人では150キロを記録するなど球威も十分ある。東芝の善武士投手は高校時代からの149キロの速球がある。谷岡投手が抜けた事でエースとして力を見せられれば3位くらいで指名がありそう。日通の笛田怜平投手は福岡工大時代にエースとして149キロの速球を投げたが、登板が多く4年時には疲労もあって結果を残せなかった。社会人でもまだ結果を残せていないが、素質は十分評価されている。

打者では日本通運・北川利生選手と、トヨタ自動車・藤岡裕大選手が期待される。北川選手はスポニチ大会も大爆発と、都市対抗でのホームランなど右のスラッガーとして期待される。藤岡選手はトップバッターで足などもあるが、長打も打てるガンガンいけるリードオフマンで、チームに勢いを与える選手として評価はかなり高まるのではないかと思う。日立製作所の菅野剛士選手も同じく1番でも3番でも行けそうな選手で今年の実績も十分だった。

注目度で言えば、JX-ENEOSの谷田成吾選手だろう。やはり高校時の76本塁打や、東京六大学でも15本塁打を打った。それでもドラフトで指名漏れとなりそれが逆に話題となった。社会人でも4番としてホームランも継続して出ており、これを継続してゆけば長い目で評価していく球団から指名があるのではないかと期待される。

その他の注目選手

今年のドラフトで指名漏れとなった選手では、セガサミーの森脇亮介投手や、パナソニックの北出浩喜投手、日本製紙石巻の宝利亮投手は力のある球を投げており、そしてJR東日本の板東湧梧投手も好投を見せた。大学生に素質の良い投手が集まった今年だから指名漏れとなった選手だと思われ、来年は指名されてもおかしくない。東京ガスの中山悠輝選手、大阪ガスの峰下智弘選手なども守備と打撃でアピールを続けたい。

日立製作所の鈴木康平投手は日本選手権で151キロを記録し、オープン戦などでは154キロを記録している。Hondaの永野将司投手も181cmの左腕で153キロを記録し、侍ジャパン強化試合のオープン戦としてオランダ戦で登板し3回をノーヒットに抑えた。二人ともコントロールも安定しておりBIG3に肩を並べるかそれ以上になる可能性を秘める。

JX-ENEOSの柏原史陽投手と富士重工の宇都宮健太投手は関西学生リーグ時代からのライバルで、ともに社会人1年目から力を発揮している。JX-ENEOSでは齋藤俊介投手も力のある球を投げている。東芝の岡本拓也投手も大学時から注目された速球派のサイドスローで、希少性もあり注目されるだろう。西濃運輸の岡田圭市投手も大学時代35勝を挙げた実績があり、大エース・佐伯投手が抜けた今年は登板が増える。

Honda鈴鹿には、法政大で強いプロ志望の姿勢を見せていた畔上翔選手や、東海大相模時代に中日から育成ドラフトで指名をされたものの、社会人で成長をと入団を辞退した191cm右腕の佐藤雄偉知投手など注目したい選手がいる。日本新薬にも150キロを投げる栄光貴投手や、創価大で田中正義投手の先輩でエースとして投げていた小松貴志投手も注目したい。

2017年度-社会人のドラフト候補リスト


PAGE TOP