社会人野球ベストナイン発表、阪神ドラフト1位・近本光司選手、来年ドラフト候補・片山 勢三選手など選出

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

社会人野球は2018年のベストナインを発表し、阪神にドラフト1位で指名された大阪ガスの近本光司選手や、来年のドラフト候補、パナソニックの片山勢三選手などを選出した。

社会人ベストナイン

守備選手名年齢所属身長体重投打出身
藤井貴之30日本生命18590右右同志社大
辻野雄大25Honda17981右左白鴎大
岡崎啓介29日立製作所17380右右立教大
原田拓実27日本生命18582右左立正大
森下翔平24日立製作所18087右右東海大
東條航27JR東日本17480右右早稲田大
那賀裕司29三菱重工神戸・高砂18085右右立教大
三木大知27JFE西日本17880右左岡山商大
近本光司24大阪ガス17070左左関学大
片山勢三23パナソニック176105右右九共大

投手の選考過程では、中日のドラフト3位で三菱重工名古屋の勝野昌慶投手と藤井投手が、年間5勝で並び、日本選手権でMVPになった勝野投手と都市対抗で補強選手として2勝を挙げた藤井投手が最終的に争い、ベストナインは藤井投手に軍配が挙がった。勝野投手は個人表彰選手として、最多勝利投手賞に選ばれた。

捕手は年間打率.460で首位打者だった辻野選手、一塁手は20打点、6本塁打を記録した岡崎選手、三塁手も5本塁打と侍ジャパン社会人代表の活躍が評価され文句なしの選出となった。

外野手ではOPSと打点率でトップとなった那賀選手、日本選手権で打率.350を記録した三木選手、そして都市対抗でMVPと出場4大会で2度の首位打者を獲得した近本選手の3人が順当に選出された。

また指名打者部門ではパナソニックの片山選手が受賞、年間トップタイの6本塁打を放ち、年間打率も全体4位の.414と、アベレージも残し、こちらも文句なしで選ばれた。片山選手は来年は一塁など守備について力を見せ、長打力とアベレージを残せる所をアピールし、プロ入りを目指す。

2018年度-社会人投手のドラフト候補リスト
2018年度-社会人捕手のドラフト候補リスト
2018年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
2018年度-社会人外野手のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント