JR西日本・佐藤直樹選手に阪神、DeNAが視察、阪神は5人態勢

JR西日本, 佐藤直樹

阪神はJR西日本とプロアマ交流戦を行い、注目の佐藤直樹選手などを5人態勢で見守った。横浜DeNAもスカウトが姿を見せた。

3打数ノーヒット

JR西日本の佐藤直樹選手は、報徳学園時代から遠投120mの肩と50m5.9秒の俊足が注目され、高校時は捕手も務めていたが、現在は外野手として俊足強肩を生かしたプレーを見せる。

この日は阪神2軍とのプロアマ交流戦が行われ、3番センターで出場をしたものの3打数ノーヒットに終わり、「調子が良くない中でどうするかを考えないと。」と話し、プロは「甘いボールが少ないので」とプロの投手を実感した。

阪神はこの佐藤選手に注目をしており、5人態勢で視察をしたが、横浜DeNAのスカウトも姿を見せ、ドラフト会議がまじかに迫ってきたタイミングでの視察に、注目していることをうかがわせた。

外野手は身体能力の高い選手が指名されることも多く、この日の結果に関わらず、評価は高まっていくとみられる。

2019年度-社会人外野手のドラフト候補リスト

JR西日本佐藤、虎スカウト前で3の0 デイリースポーツ紙面 2019/10/3

 


PAGE TOP