社会人ベストナイン(2019)発表、JFE東日本勢が4人選出

社会人野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

社会人野球の日本野球連盟はこの日、今年の社会人野球のベストナインを発表した。今年のドラフト会議で指名された選手はいなかった。

2019年社会人ベストナイン

ポジション選手名年齢チームドラフト
投手須田幸太33JFE東日本元DeNA・2010年1位
捕手片葺翔太33日本製鉄鹿島 
一塁手沓掛祥和24トヨタ自動車 
二塁手峯本匠23JFE東日本 
三塁手原田拓実28日本生命 
遊撃手諸見里匠24日本通運 
外野手今川優馬22JFE東日本 
古川昂樹26大阪ガス 
茶谷良太25鷺宮製作所 
DH内藤大樹29JFE東日本 

個人表彰選手

タイトル選手名年齢チーム成績
首位打者広本拓也31日本生命.434(53打数23安打)
最多本塁打沓掛祥和24トヨタ自動車6本塁打
最多打点沓掛祥和24トヨタ自動車20打点(20試合)
最多勝利投手須田幸太33JFE東日本7勝1敗
最優秀防御率岡野祐一郎25東芝0.87(8試合)、中日ドラフト3位

ベストナイン選手紹介

須田投手はプロ野球から復帰し、今年はリリーフで都市対抗で5連投して制覇に貢献し、橋戸賞を受賞した。

片葺捕手は33歳のベテラン、打率.393を記録し、リード面も安定していた。

一塁手・沓掛選手は慶応大卒3年目の選手で、今年は年間で6本塁打、20打点で本塁打と打点のタイトルを獲得した。

二塁手・峯本選手はルーキーながらセカンドに定着し、チームの都市対抗制覇に貢献する打撃を見せた。

三塁手・原田選手は年間最多となる27安打に8盗塁を記録、2年連続2回目の受賞。

遊撃手・諸見里選手は16試合でエラーが1つのみ。ベーブルース杯で首位打者賞をかくとくするなど5大会で打率3割以上を記録し9打点を挙げた。

外野手・今川選手はルーキーながら2番でフルスイングを見せ都市対抗初優勝に貢献、古川選手は都市対抗と日本選手権で打率4割超を記録、茶谷選手は12四死球を選び8盗塁を記録してチームを引っ張った。

指名打者・内藤選手は年間打率.373を記録、都市対抗では1番DHで起用され、チームを優勝に導いた。

また個人表彰選手では、中日にドラフト3位で指名された東芝の岡野投手が最優秀防御率のタイトルを獲得し、プロへの手土産となる。

2019年度-社会人投手のドラフト候補リスト
2019年度-社会人捕手のドラフト候補リスト
2019年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
2019年度-社会人外野手のドラフト候補リスト

<投手>須田(JFE東日本)と岡野(東芝、中日ドラフト3位)が争った。須田は年間最多7勝、都市対抗では全5試合で救援して橋戸賞を受賞。岡野は年間防御率0・87で年間6勝を挙げた。甲乙つけ難かったが、須田が選出された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント