NTT東日本、上川畑大悟選手と保坂淳介捕手が巨人戦でアピール

NTT東日本, 保坂淳介, 上川畑大悟

NTT東日本は巨人2軍と交流戦を行い、6-5で勝利した。社会人屈指の守備を見せる上川畑大悟選手が好守備と2安打2打点、昨年も注目された強肩・保坂淳介捕手も2安打1打点の活躍を見せた。

プロ注目

埼玉西武・源田選手や阪神・近本選手など、社会人野球のトップクラスの選手はプロ1軍でもトップクラスの成績を残すことができる。

社会人屈指の遊撃手・上川畑大悟選手は日大の下級生時代に二塁を守り、京田陽太選手(2016年中日ドラフト2位)との二遊間は伝説級の守備を見せていた。京田選手が卒業するとショートを守り4年時には侍ジャパン大学代表に選出され、U18代表との壮行試合では、セカンドで高校野球ファンを驚かすプレーを見せた。

上川畑選手は社会人2年目となり、今年ドラフト指名解禁となる。守備についてはプロのスカウトも折り紙が付きまくるが、打撃では社会人でも下位を打つなど、もう1ランク上が求められていた。しかしこの日は1番で出場すると同点で迎えた5回2アウト3塁の場面で、「プロの投手だからそんなにチャンスはない。積極的に振りに行こう」と巨人・ディブラン投手のストレートをライト前にはじき返しタイムリーヒットを放った。2安打2打点の活躍だった。

50m6.1秒の足もあり、打撃でもこの打撃を1年間続ければ、プロの放っておかないだろう。「長打が出るタイプじゃないけど、守備は自信あります。目標は源田さん」と話し、1年目からプロのショートでレギュラーを獲った源田選手を目標にこの1年間を戦う。

またNTT東日本は、保坂淳介選手が2安打1打点の活躍を見せた。保坂選手も遠投110mの強肩で、昨年は侍ジャパン社会人代表の合宿でNTT東日本として出場し、その強肩をスカウトの前でアピールしていた。保坂選手は「自分としてもプロに行けるなら最後の年だと思って頑張りたい」と話し、今年1年間にかける想いを話す。

二人がプロ入りの夢を掴むことを期待して、応援したいし注目したい。

NTT東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-社会人捕手のドラフト候補リスト
2020年度-社会人内野手のドラフト候補リスト

「長打が出るタイプじゃないけど、守備は自信あります。目標は源田さん」。50メートル6秒1と俊足自慢の巧打者はドラフト解禁イヤーに活躍を誓った。

 


PAGE TOP