TDK、鈴木大貴投手154キロ、小木田敦也投手153キロも敗戦

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

7年ぶりの本戦出場となったTDKは、2枚看板の鈴木大貴投手が154キロ、小木田敦也投手が153キロを記録し好投を見せたものの初戦で破れた。

スポンサーリンク

2枚看板

都市対抗東北2次予選で先発として好投した2枚看板、鈴木大貴投手と小木田敦也投手が好投を見せた。

小木田投手がやや不調ということで先発したのは鈴木大貴投手。大きく2度振りかぶり、やや体をひねってトルネード気味なフォームから、肩の可動域だけで投げるような変速フォームだが、常時140キロ中盤を記録するくらいの球の力がある。この日も初回から150キロ台を連発し、2回には最速154キロを記録した。

5回まで無失点を続ける。しかし、「序盤からスライダーのコントロールが良くなくて、真っすぐ中心のピッチングになってしまった。」と話す。それでも球威で抑えていたが6回、日本新薬の福永裕基選手に2ランホームランを浴びた。「張られてるのは分かっていたが、勝負にいって打たれた」と話した。

6回2失点で降板。それでも4安打2四球と高い安定感を見せた。ランナーを置いた場面で、独特のフォームではなくセットポジションからの投球となり、143キロの球が甘く入った。ドラフト候補だった福永選手はそれを見逃さなかった。

鈴木投手は福島東高校から流通経済大に進み、日本新薬で8kg体重を増やし182cm84kgとなって150キロ台の球を手に入れた。課題もあるが、これだけの球威を見せれば、来年解禁となるドラフト会議で指名の可能性は十分ある。

エース

また、TDKは8回からエースの小木田敦也投手が登板し、最速は153キロを記録、2回をノーヒット2奪三振でパーフェクトに抑えた。

小木田選手はエースとして予選3試合で2完投1完封、22回1/3を投げて失点は2のみ。大車輪の活躍で7年ぶりの都市対抗本戦出場に貢献した。しかし、その疲労により肩の張りなどがのこり、この日は先発はしなかった。「万全でないのは自分で分かっていたし、周りも知っていたが悔しい」と話す。

しかし、「調子のいい悪いが激しかったが、悪いなりにもしっかり投げられた」と、好投を見せられたことを自己評価した。

TDKでは1番・北畠栞人選手が2三振など5打数1安打だったものの、7回にタイムリー3ベースヒットを打った。鈴木投手、小木田投手、北畠選手と、来年に向けてもっと見たいチームだった。来年は社会人野球がしっかりと開催され、この3人がアピールする舞台さえ整えば、結果を見せてくれるだろう。

都市対抗野球(2020)4日目の対戦カードと注目選手
都市対抗野球本戦。4日目は3試合が行われます。対戦カードと注目選手の一覧です。
TDKのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
TDK3投手が奮闘「勝負にいって」鈴木が痛恨被弾 - アマ野球 : 日刊スポーツ
7年ぶり出場のTDK(秋田・にかほ市)は、東北出身の若き3投手陣が「奮投」した。被安打4に封じながら1発に泣き、日本新薬(京都市)に1-2で競り負けた。大卒ル… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
TDK新人・鈴木 先発で最速154キロ計測、6回2失点も初戦敗退 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 7年ぶり出場のTDKは流通経大出身のルーキー右腕・鈴木大貴投手が先発。最速154キロの剛速球を投じ、5回まで無失点と力投したが、0―0の6回に2ランを被弾。6回2失点で降板した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント