日本新薬・福永裕基選手が2ランホームランで勝利、ドラフト指名漏れの悔しさぶつけ

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

日本新薬は、4番セカンドで出場した福永裕基選手が6回に2ランホームランを放ち、都市対抗本戦でチーム4年ぶりの勝利をあげた。

スポンサーリンク

ドラフト指名漏れ

福永裕基選手は天理高校から専修大を経て昨年に日本新薬入り、昨年春のスポニチ大会で2試合連続ホームランを放ち注目されたが、昨年夏の都市対抗本戦は、大会前に怪我をして代打での出場にとどまっていた。

ドラフト指名解禁の今年、強打の右の内野手として大きくアピールしそうだったが、春の大会、日本選手権がすべて中止となり、ドラフト前のオープン戦や2次予選でアピールをしたものの、ドラフト会議では指名漏れとなった。

この日、4番セカンドで出場すると6回、ランナーを一塁に置いて初球の143キロのストレートを振り抜くと、少しつまり気味だったが東京ドームのレフトスタンド中段に飛び込む2ランホームランを放った。試合は2−1で勝利し、チーム4年ぶりの都市対抗本戦勝利に貢献した。

ドラフト会議で指名されずに落ち込みもした。しかし、「ドラフトは悔しい気持ちがあって、すぐに切り替えられたかは分からない。無理やりにでも都市対抗に(気持ちを)向かせるというのと、そこで悔しさを晴らすしかないなと思った。来年にもつながるように、爪痕を残さないとと思っていた」と気持ちを切り替え、来年につながるホームランとなった。

ドラフト会議の指名は、本当にギリギリのところだったと思う。元ベイスターズの進藤選手のような思い切りの良い打球は、進藤選手より体も大きくスタンドまで飛んでいく。セカンドの守備もまずまずで、強打の二塁手としては、中央大の牧選手などの次に評価していた球団もある。

来年、ドラフト会議で指名されるために、まずは春の大会が行われ、その中でこの日のような打撃を見せたい。

2020年ドラフト会議、主なドラフト指名漏れ選手
評価されていた選手の中で、ドラフトで指名漏れとなった主な選手を挙げます。
2021年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【都市対抗野球】ドラフト指名漏れの日本新薬・福永が決勝2ラン コロナ禍で奮闘する社員に4年ぶりの勝利を届ける
 7年連続37度目出場の日本新薬(京都市)が、7年ぶり15度目出場のTDK(にかほ市)を破り、8強入りした2016年以来、4年ぶりの白星を挙げた。
日本新薬4年ぶり初戦突破 ドラフト指名漏れの福永 意地の先制2ラン - スポニチ Sponichi Annex 野球
 日本新薬身上の守り勝つ野球を体現しての4年ぶり初戦突破に、今季から指揮を執る松村聡監督は「都市対抗で一つ勝つ難しさを感じました」と笑顔だった。
日本新薬・福永V2ラン 4年ぶり初戦突破に貢献 - アマ野球 : 日刊スポーツ
日本新薬の4番福永裕基内野手(24)が6回に決勝2ランを放ち4年ぶりの初戦突破に貢献した。「ちょっと詰まっていたので、入るとは思わなかった。正直めちゃくちゃう… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント