オリックス、ドラフト6位指名の阿部翔太投手と仮契約、28歳ルーキー「リスクがあったと思うので感謝している」

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

オリックスは、ドラフト6位で指名した日本生命・阿部翔太投手と、契約金2500万円、年俸880万円で仮契約を交わした。背番号は45。28歳のオールドルーキーが誕生する。

スポンサーリンク

151キロ右腕

阿部翔太投手は酒田南では捕手としてプレーし、成美大に進んで投手に転向をすると、2年生の秋に結果を出して7球団が注目する投手になった。その後、日本生命に進み、主にリリーフとして最速151キロの速球を投げ、好投を見せ続けたものの、ドラフト会議での指名はなく、今年、社会人6年目、28歳となった。

今年は主な社会人の大会がなかった。しかし秋に行われた都市対抗予選の2次予選では、日本製鉄広畑戦で先発して7回2/3を無失点に抑える好投を見せ、残り1つの出場枠を争う第5代表決定戦でも先発、4回途中で降板したものの、都市対抗本戦出場に貢献した。

本戦では初戦のHonda鈴鹿戦で2番手で登板し2回2/3で4安打2失点と有終の美を飾れなかったが、「今後、この悔しさを持ってやって行くことが日本生命へ対しての恩返しになると思うので、切り替えてやっていきたい」と、6年間お世話になった日本生命の恩返しを誓う。

指名してくれたオリックスにも「仮契約を終えてプロへの実感が湧いています。年齢的にも指名にあたって本当にリスクがあったと思うので、本当に感謝しています」と話す。

都市対抗野球では投手・野手ともにレベルの高いプレーを見せた社会人野球の選手たち。阿部投手が活躍をすれば、今年のドラフト会議で、わずか10人しか指名されなかっただった社会人野球の選手にも希望を与え、指名される選手も増えていくと思う。

大きなものを背負っているかもしれないが、まずは自分のため、家族のために結果をのこしてほしい。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
【ドラフト総決算1】2020年ドラフト会議の指名選手の内訳から見える『大学生までの壁』
2020年ドラフト会議の指名選手の内訳を見ると、今年も社会人野球の選手に厳しかったことが分かります。
オリックスバファローズのドラフト指名予想
オリックスバファローズ公式ページ オリックスバファローズ ドラフト掲示板 オリックスバファローズの過去のドラフト指名 オリックスバファローズの最新ドラフト関係記事 以前のニュ...
【オリックス】ドラフト6位指名の日本生命・阿部翔太「家族を幸せにしたい。それが原動力」…仮契約
 オリックスからドラフト6位指名を受けた日本生命の阿部翔太投手(28)=成美大=が3日、大阪・貝塚市内のクラブハウスで入団交渉に臨み、契約金2500万円、年俸880万円で仮契約を結んだ。背番号は45に
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント