長谷部銀次投手、佐藤勇基選手の中京大中京コンビがトヨタ自動車で花咲かす

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

法政大の佐藤勇基選手と慶応大の149キロ右腕・長谷部銀次投手の中京大中京出身昆布が、地元・愛知のトヨタ自動車でプレーをする。

スポンサーリンク

地元で花咲かす

法政大の佐藤勇基選手は中京大中京出身。父は1992年に中日にドラフト1位で指名された佐藤秀樹氏(中日チーフスコアラー)で、勇基選手も高校時代にショートで高い守備力を見せ、U18代表でも遊撃手として非常に高く評価されていた。

法政大ではやや苦しんだ。1年生でリーグ戦出場はなく、2年時も春は4打席、秋は3打席の出場にとどまった。しかし、3年春も4打席だけの出場だったがその秋にサードで7試合に出場すると、昨年秋はショートでレギュラーを獲った。早大・早川投手、明治大・入江投手、慶応大・木澤投手といったドラフト1位で指名された投手達からヒットを打ち打率.290を記録、「プロに指名される投手から打てたのは自信になりました」と話す。

今年からはトヨタ自動車でプレーする。地元に戻り、花を咲かせる。「守備には自信があるので、そこはアピールしていきたい。トヨタの先輩方はレベルが高いので、その中から多くを学んで成長していきたい」と話すが、「試合に出ないことには意味がない。ポジションどうこうではなく、必要としてもらえるポジションで勝利に貢献したいです」と、レギュラー争いに挑戦する。

守備の良さは高校時代から高い。社会人でショートとして躍動する姿を見たい。

長谷部銀次投手も慶応大からトヨタ自動車に入部する。中京大中京では磯村峻平投手など厚い投手陣の中で登板が多いわけでもなかったが、力のある球を投げる左腕投手としてプロも注目した。大学では2年秋に腰椎分離症の手術を受けるなど故障とも戦った。

しかし、昨年春にオープン戦で149キロの威力ある球を見せ、プロのスカウトも注目した。それでも新型コロナの影響で8月に行われた春のリーグ戦では1回1/3で4安打を浴びるなど結果を出せず、プロ志望届を出さずにトヨタ自動車に進むことを決めた。肘に痛みがあり、秋のリーグ戦終了後に左肘のクリーニング手術を行った。

地元・愛知のトヨタ自動車で、高校時代にチームメイトだった佐藤選手と合流する。現在はリハビリも順調で30〜40mのキャッチボールも行っている。この期間にフォームの改造を行い、社会人野球での活躍を目指す。

昨年、都市対抗で優勝したHondaは、大学卒ルーキーが投手、野手ともに活躍を見せた。トヨタ自動車も佐藤選手、長谷部選手の活躍で、夏の日本選手権、秋の都市対抗で結果を見せるか注目される。

トヨタ自動車の新入部選手2021
トヨタ自動車の野球部でプレーする選手を紹介します。
トヨタ自動車のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

好守の陰に隠れがちだった打撃だが、昨秋リーグ戦では結果を残した。全10試合に出場し、打率・290をマーク。いずれもドラフト1位指名された早大・早川(現楽天)、明大・入江(現DeNA)、慶大・木沢(現ヤクルト)から安打を放った。特に木沢からは二塁打2本。「プロに指名される投手から打てたのは自信になりました」と手応えをつかんだ。

1月13日に本格合流して以降は、インナーを重点的に強化する日々を過ごす。昨秋のリーグ戦終了を待って、左肘のクリーニング術を決断。リハビリは順調に進み、30~40メートルのキャッチボールができるまでに回復した。「こういう時期だからこそ変えることができる」。インステップが特長の一つだったが、現在は捕手方向へ真っすぐ右足を踏み出す新フォームへの修正を試みる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント