東京国際大の148キロ右腕・重川恵詩投手がプロ志望、3球団がリストアップ

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

182cm82kgの右腕で最速148キロの速球を投げる重川恵詩投手が、プロ志望の意思を明らかにした。

スポンサーリンク

プロでやるために

重川恵詩投手は182cm82kgの大きな体で、スリークォーターから148キロの速球を投げる右腕投手で、特徴のある右腕として3球団がリストアップをしている。

この日は今年初のブルペン投球を行い、捕手を立たせて約40球の投球を行った。これまで大学のリーグ戦では7勝6敗で、「プロでやるためには、実績がないので、まず球速をアップし、打たせて取って、ここぞというときは三振を狙って、勝てるようにしたい。春は5勝以上、投げる試合は勝ちたい。」と話し、プロ入りを実現するために、今年春のリーグ戦で5勝以上をあげることを目標とした。

東京新大学リーグは今年、152キロ左腕の創価大・鈴木勇斗投手、151キロ右腕の共栄大・小向直樹投手がおり、スカウトも何度も足を運ぶことになりそうで、重川投手もこの二人と直接対決で好投を見せれば、プロの視線もだんだん強くなっていくと思う。

「いつかは重川を”おもかわ”とすぐに読んでもらえるようにもしたい」と話す重川投手、この春のリーグ戦が大きな勝負となる。

2021年度-東京新大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日は初ブルペンで、捕手を立たせて約40球。「プロでやるためには、実績がないので、まず球速をアップし、打たせて取って、ここぞというときは三振を狙って、勝てるようにしたい。春は5勝以上、投げる試合は勝ちたい。いつかは重川を『おもかわ』とすぐに読んでもらえるようにもしたい」と意欲を語った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント