セガサミー・中川智裕選手が3安打、巨人スカウト「これから見ていくことに」

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

セガサミーの大型遊撃手・中川智裕選手に巨人のスカウトが視察し、「これから見ていく選手」と話した。

スポンサーリンク

大型遊撃手

中川智裕選手は186cm82kgの大型遊撃手で、近畿大時代もショートを守り、三塁手の佐藤輝明選手と三遊間を組んだ。大型だがホームランを撃ちまくるスラッガーというタイプではなく、しなやかな打撃を見せる選手。

この日、セガサミーは今年初の紅白戦を行い、2番ショートで出場した中川選手は3安打1打点の活躍を見せた。第1打席は左中間、第2打席、第3打席もレフト前へのヒットだった。「1球目から、積極的に打っていくことを課題にしていて、2、3打席目は、ファーストストライクをとらえられた」と話す。

この日は巨人の高田スカウトが視察をしたが、「昨年から見ているが、バットの出方がスムーズになっていると感じた。右打ちの内野手で、これからも見ていくことになる」と話す、今年マークをしていく選手と話した。

巨人はショートに坂本選手がいるもののベテランになってきており、サードへの転向も視野に、また坂本選手が故障などで出場出来ない場合も考え、遊撃手の選手にも注目している。またセカンドも吉川選手で固定できれば良いが、吉川選手が故障した時に出場する選手の層を厚くしたい。

中川選手は大型だがフットワークも悪くない選手。守備でも一定の評価があり、打撃でも一定の評価がある。そのどちらかで突き抜けるような活躍を見せ、ドラフト会議での指名の可能性を高めたい。

2021年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

視察した巨人・高田スカウトは、「昨年から見ているが、バットの出方がスムーズになっていると感じた。右打ちの内野手で、これからも見ていくことになる」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント