ハナマウイのルーキー・風岡賢汰選手が活躍、「バッティングを磨いてプロに行きたい」

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

昨年、都市対抗に出場したハナマウイが、ENEOSとオープン戦を行い、2-2で引き分けとなった。ルーキーの風岡賢汰選手が攻守で活躍を見せた。

スポンサーリンク

プロに行くために

風岡賢汰選手は愛工大名電出身で、1年秋の明治神宮大会にサードで出場をしている。立正大ではセカンド、サードを守り、4年春には打率.294を記録していた。

プロ志望届を提出するかどうかで、元オリックス・阪神の父でオリックス内野守備走塁コーチの風岡尚幸氏から、「プロに行くためには攻守ともに力強さが必要」とアドバイスを受け、元オリックスの本西監督のいるハナマウイへ進んだ。

この日は1番セカンドで出場すると、初回に相手遊撃手のエラーで50m5.9秒の足を生かして出塁、0-1で迎えた6回の打席では、同点に追いつくタイムリーヒットを打った。守備でも7回にダイビングキャッチから素早い送球でアウトを撮るファインプレーを見せた。「グラブに入ってくれて良かった。予測と準備ができたプレーだった」と話す。

本西監督も「親父の1年目より良い。選球眼があり最高の1番打者」と評価する。「バッティングを磨いてプロに行きたい。プロの球にも負けない力強いスイングを身につけたい。自分の持ち味の守備と走塁をさらに磨いていきたい」と話し、来年のプロ入りを狙う。

俊足巧打の二塁手として、来年秋までに高い出塁率などでアピールし、内容でも打球を強くしたい。昨年のドラフトで阪神に6位指名された中野拓夢選手(三菱自動車岡崎)くらいのアピールができれば、指名候補に入ってきそうだ。

2022年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

立正大では2年春からベンチ入りし、4年秋は主に二塁で全試合に出場。打率・294の好成績を残したが、プロ志望届は提出しなかった。「バッティングを磨いてプロに行きたい」とレベルアップを誓い、ハナマウイに加入。父からは「プロに行くためには攻守ともに力強さが必要」と金言を授かり「プロの球にも負けない力強いスイングを身につけたい。自分の持ち味の守備と走塁をさらに磨いていきたい」と意気込む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント