東芝・吉村貢司郎投手が147キロ3回3失点、4球団視察し巨人「レベルの高いボールを投げられる」

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

東芝がJFE東日本とオープン戦を行い、プロ注目の152キロ右腕・吉村貢司郎投手が登板した。この日は巨人など4球団のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

初回3失点も

吉村貢司郎投手は、昨年秋の都市対抗本戦で、最速152キロの速球を見せて好投し、今年のドラフト候補として注目されている。

この日はJFE東日本とのオープン戦に先発をすると、初回、立ち上がりに3失点をした。しかし、「初回は自分の中でタイミングが合っていなかった。2回から修正できたのはプラスに捉えたい。真っすぐで内角を突いたり、カーブの抜けた球がなかったところは良かった」と話すように、2回、3回は無失点に抑え、3回2安打4奪三振3失点で登板を終えた。最速は147キロだった。

この日は4球団のスカウトが視察したが、巨人の榑松スカウト次長は「直球も変化球も高いレベルのボールを投げられる。バランスのいい投手」と評価をした。

国学院大時代も注目されたが、更に一回り成長した投球を社会人野球で見せている。ドラフト会議で指名される事になると思う。

2021年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

4球団のスカウトが視察する中、この日は最速147キロを計測。巨人・榑松伸介スカウト部次長は「直球も変化球も高いレベルのボールを投げられる。バランスのいい投手」と評した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント