早大のプロ注目捕手・岩本久重選手が2安打、福岡ソフトバンク・東京ヤクルトが視察し「トップクラス」

大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

早稲田大がセガサミーとオープン戦を行い、プロが注目する捕手の岩本久重選手が4番バッターで活躍を見せた。福岡ソフトバンク、東京ヤクルトのスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

2安打2打点

岩本久重選手はこの日、4番を打つと左中間へのタイムリー3ベースヒットなど2安打2打点の活躍を見せた。前の試合のHonda戦でもタイムリーヒットを打っており、「甘い球を逃さず打つのが継続してできている」と話す。

この日は福岡ソフトバンク、東京ヤクルトのスカウトが視察し、東京ヤクルト・橿渕スカウトデスクは「スローイングもいいし、キャッチャーとしてはトップクラス」と高い評価を見せた。

岩本選手は昨年秋のリーグ戦でも4番を任されたが、打率は.182と低迷した。この冬は打撃のフォーム改造に取り組み、「技術の土台があれば、気持ちの空回りもなくなる」とその結果が出ている。

捕手として身体能力を生かした少し荒々しさも見せる鋭いプレーを見せる。攻守に安定した所を見せられるようになれば、秋のドラフト会議では捕手の注目選手になる可能性は高い。

2021年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

ヤクルト編成部スカウトグループの橿渕デスクは「スローイングもいいし、キャッチャーとしてはトップクラス」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント