三菱自動車倉敷オーシャンズ・廣畑敦也投手が153キロリリーフ、中日・DeNA・西武など7球団視察

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

社会人野球の東京スポニチ大会が開幕し、社会人NO.1と呼び声高い154キロ右腕、三菱自動車倉敷オーシャンズの廣畑敦也投手がリリーフで登板した。

スポンサーリンク

153キロ

この日のJFE東日本戦で1点リードも2アウト1,2塁のピンチとなった三菱自動車倉敷オーシャンズは、154キロ右腕のエース・廣畑敦也投手が登板すると、内藤選手に151キロのストレートを投げ、レフトフライに討ち取った。「まっすぐと決めてました」とストレートで押し切った。

その後も2イニングを1安打3奪三振無失点、最速は153キロを記録し、課題としていたスライダーも、138キロを記録して見逃し三振を奪った。この冬に変化球のリリースポイントを一定にする事を取り組み、その成果が出た。

この日は7球団のスカウトが視察をし、廣畑投手に評価をしている。

○埼玉西武・潮崎編成グループディレクター:「真っすぐに一番自信があるのでしょう。スピードは、もっと上がってくると思う。上位候補と言っていい」

○横浜DeNA・吉見スカウト:「腕が振れて力強いボールが来ていた。空振りを取れる真っすぐを投げられる」

○中日・野本スカウト:「社会人では屈指の投手。注目される中でこれからどういうピッチングができるか楽しみ」

今年はチームの大黒柱としてフル回転する。「先発した次の日に中継ぎもしないといけないと思うのでプラスになった」と話し、この日のリリーフでの登板で結果を残したことを喜んだ。日本選手権で登板し、昨年のJFE東日本戦のような投球を再び見せられれば、ドラフト1位指名で評価が固まるかもしれない。

2021年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

新人賞にあたる若獅子賞を獲得した昨年の都市対抗1回戦で1失点完投勝利を挙げたJFE東日本を相手に、2回1/3を1安打無失点。自己最速にあと1キロに迫る153キロの直球を軸に3三振を奪った。ネット裏には7球団のスカウトが集結。DeNAの吉見祐治スカウトは「腕が振れて力強いボールが来ていた。空振りを取れる真っすぐを投げられる」と評価した。

社会人2年目でドラフトイヤーを迎えた。ネット裏には、7球団11人のスカウトが集まった。西武潮崎編成グループディレクターは「真っすぐに一番自信があるのでしょう。スピードは、もっと上がってくると思う。(ドラフト)上位候補と言っていい」と評価した。

1点リードの7回2死一、二塁で登板すると、ベテラン内藤には直球勝負を挑み、151キロで左飛にねじ伏せた。「まっすぐと決めてました」。この日最速は153キロ。課題だったスライダーなどの精度も上がった。NPB7球団のスカウトが視察。中日の野本スカウトは「社会人では屈指の投手。注目される中でこれからどういうピッチングができるか楽しみ」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント