日本製鉄東海REXが日本選手権出場、浦本千広投手が9回途中無失点

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

社会人野球日本選手権東海予選では、日本製鉄東海REXが東邦ガスに1-0で勝利し、日本選手権出場を決めた。エース・浦本千広投手が好投を見せた。

スポンサーリンク

カットボールを軸に

浦本千広投手は、九州産業大時代に早くからエースとして活躍し、147キロのキレの良い速球にプロのスカウトも注目した。しかし2019年のドラフト会議では指名漏れし、日本製鉄東海REXに進んだ。

この日は7回まで0-0の続く投手戦となったが、浦本投手は8回1/3を投げて98球、7安打6奪三振無失点ピッチングを見せた。8回裏に日本製鉄東海REXが1点を奪い、1-0で勝利した。

この大会の3週間前に、元プロ野球選手の武田久コーチから「カットボールを投げたら」とアドバイスされ、「直球よりも制球がしやすい」と手応えを感じていたという。序盤からカットボールをうまく使い、バットの芯を外した。「要所で投げ切れましたし、球数も少なく抑えられました」と話した。

社会人2年目となり、今年、再びドラフト指名解禁となる。日本選手権ではカットボールとともに、ストレートでもアピールし、2年前の悔しさを晴らしたい。

2021年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

日本ハムの元守護神から受けた助言が生きた。大会3週間前、日本ハムで最多セーブに3度輝くなど活躍した武田久コーチ(42)から「カットボールを投げたら?」と提案された。変化球の投げ分けに苦労していただけに、試してみると直球とスライダーのちょうど中間の球速帯で投げられて「直球よりも制球がしやすい」と手応えを得た。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント