東芝・吉村貢司郎投手に9球団スカウト視察、阪神「どのボールもいいものを持っている」

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

社会人野球の前期神奈川県企業大会では、東芝vsENEOSの試合が行われた。東芝は152キロ右腕の吉村貢司郎投手が先発し、4回5安打2失点も149キロを記録し、9球団のスカウトにアピールした。

スポンサーリンク

約40分の中断

先発した吉村貢司郎投手は、初回はカーブなどを使った投球を見せたが、2アウトから四球と2安打で1失点、2回も先頭バッターを許すなど3安打で1失点をした。しかし、この日は突然土砂降りの雨が降る天候で、2回途中に約40分の中断があると、3回からは立ち直り、2イニングをノーヒット無失点に抑えた。4回を投げて5安打5奪三振2失点という内容だった。

「後半は変化球をうまく腕を振って投げられた」と話す吉村投手、最速は149キロを記録し、5つの三振を奪っている。この日は9球団のスカウトが視察をしたが、阪神の吉野スカウトは「どのボールもいいものを持っている」と評価した。

吉村投手は国学院大時代より、140キロ後半の速球に変化球もよく、ドラフト候補として注目された。しかしプロ志望届を提出したものの指名漏れとなっている。社会人でもこれだけの球を投げていれば、もっとピシャっと抑えてほしいという投球が多い。

日本選手権では多くのスカウトが注目をすることになる。そこで9回を完封するなど、ピシャリと抑える投球を見せたい。それができれば、ドラフト会議での指名は確実クラスに入ってくると思う。

2021年度-社会人投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

二回途中にゲリラ豪雨で約40分の中断もありながら、三回以降は無失点に封じた。直球もこの日最速は149キロ。110キロ台のカーブも交えながら緩急自在な面をアピールし、視察した阪神・吉野スカウトは「どのボールもいいものを持っている」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント