北海道ガス・大城祐樹投手は5回途中3失点、146キロ記録

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

都市対抗初出場を果たした北海道ガスは、エースの148キロ右腕・大城祐樹投手が先発するも5回途中3失点で降板した。

スポンサーリンク

学生時代からの夢

大城祐樹投手は遠軽高から桐蔭横浜大に進み、新たに始動した北海道ガスに1年目の選手として加入した。183cmの上背があり、安定したフォームから最速148キロの速球を投げ、カット気味に動く球や多彩な変化球を投げ分ける。

今年の日本選手権でも東邦ガス戦で9回を投げて5安打5奪三振2失点の好投をみせ、ドラフト候補として注目していたが、都市対抗野球北海道二次予選でも、JR北海道クラブ戦で9回1失点完投勝利を挙げるなど、都市対抗本戦出場に貢献していた。

この日も立ち上がりから、カットボールを中心に最速146キロのちからのある球をみせたが、3回に長打と内野ゴロで1失点、5回にも先頭打者に長打を許して2失点、力のあるセガサミー打線を抑えきれなかった。味方の守備に少しリズムを狂わされたところもあるが、4回2/3を投げて3安打2奪三振3失点、自責点2だった。

まずはチーム初の東京ドームを体験し、注目される中で緊張感を味わった。大城投手も含めて、来年、この経験を活かすことができるか。大城投手は来年は大学卒4年目になるが、個人的に注目しながら追ってゆきたい。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【都市対抗野球2021】2日目の対戦カードと注目選手一覧
都市対抗本戦の、2日目の対戦カードと注目選手の一覧です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント