ENEOS・度会隆輝選手が打線に勢い与える2試合連続ホームラン

社会人野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

東京スポニチ大会では、ENEOSの度会隆輝選手が日本製鉄かずさマジック戦で2試合連続ホームランを放った。この一発で打線に火が付き、逆転勝利した。

スポンサーリンク

逆転呼び込むホームラン

前日の開幕戦で先頭打者ホームランを放った度会隆輝選手が、この日の日本製鉄かずさマジック戦では2点を追う6回、先頭打者で打席に入ると、フルカウントからのインコースのシンカーを捉え、ライトスタンドにホームランを放った。

「シンカーが良い投手と聞いていた。ミスショットせずに一発で打ち返すことができてよかった。しっかりはじき返せた」と話した。

このホームランでベンチに元気が出ると、この後に打線が4安打で2点を奪い、3−2と逆転した。試合はそのまま3−2で勝利した。

来年のドラフト注目選手となりそうな度会選手、この大会の活躍は、プロフィールとして何度も紹介されることになりそうだ。

2023年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ENEOS・度会2戦連発「ミスショットせずに一発で打ち返すことができてよかった」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 19歳の一振りが、逆転劇の号砲だった。1点を追う6回、ENEOSの先頭・度会が、右越え同点ソロ。この回さらに2得点を挙げ逆転に成功した。
ENEOSが2連勝 度会隆輝が2試合連発の貴重な同点弾
社会人野球JABA東京大会第2日(1次リーグB組、ENEOS3-2日本製鉄かずさマジック 7日、大田スタジアム)ENEOSが競り勝った。度会隆輝外野手(19)=…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント