ヤマハ・清水蓮投手が147キロで6回2失点、4球団が視察しヤクルト・中西スカウトが評価

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東京スポニチ大会は2日目、ヤマハが鷺宮製作所に9−2で8回コールドで勝利した。大学卒3年目の清水蓮投手が6回2失点と粘りを見せた。

スポンサーリンク

4球団視察

大田スタジアムで行われたヤマハvs鷺宮製作所の試合では、149キロ右腕の清水蓮投手が先発すると、6回を投げて7安打を許すも2失点にまとめた。最速は147キロ、5奪三振、2四球だった。

共栄大でエースとしてリーグ通算25勝を挙げヤマハ入りしたものの、ドラフト指名解禁となった昨年までは成績を残すことができなかった。今年はプロ入りを目指すラストチャンスとしている。

この日は4球団のスカウトが視察した。東京ヤクルトの中西スカウトは「この時期では球速も出ているし、粘り強く投げられている。都市対抗まで見ていきたい」と話した。

大学卒3年目の社会人投手は、ラストチャンスと考える選手が多く、どの投手も必死さを感じさせる投球を見せる。清水投手の今年1年間の投球を注目したい。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ヤマハのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

ヤマハ清水最速147キロ6回2失点、4球団視察「プロへ今年が最後」ー サンケイスポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント