【2022センバツ】金光大阪の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は、金光大阪の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:古川温生投手

170cm70kgの右腕投手で最速140キロ、球質の良い球を投げ、昨秋は72回を投げて76奪三振を記録している。スライダー、カーブをしっかりと織り混ぜのキレの良いストレートはインパクトが大きい。

注目度B:岸本絋一捕手

ワンバウンドを後ろに逸らさない捕手として定評があり、遠投110mの肩も楽しみな捕手。50m6.2秒の足もあるが、チームの4番として昨秋は打率.457を記録した。主将としてもチームを引っ張る大黒柱。

注目度C:武富匠汰投手

184cm94kgの大型投手。球速や成績はもう少しだが、将来性を含めてチェックしたい。

注目度C:佐々木駿弥遊撃手(新2年)

昨秋は1年生でショートのレギュラーとして出場し、8番を打ったが打率.424を記録した。守備と打撃をチェックしたい。

チーム

大黒柱の古川投手と岸本捕手のバッテリーが中心。古川投手は三振を奪える力があり、全国クラスの投手。リリーフはまだ実績も少ないため、エースの踏ん張りが鍵となる。

打線は打撃も良い古川投手が3番で、4番岸本選手につなぐ。主軸の二人が強い一方で、この二人にチャンスを作ることができる1、2番の活躍が必要で、8番を打っていた佐々木選手の1、2番起用も考えられる。

投手が4点に抑え、打線が5点を奪う、粘り強く勝ってきたチームで、守備で綻びが出なければ、ペースを掴んで接戦に持ち込めそうだ。いずれにしても古川投手がキーマンとなる。

金光大阪高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント