三菱重工East・中山遥斗選手を中日・DeNAが評価「いいスイングをしている」

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

社会人野球日本選手権の関東地区代表決定戦では、三菱重工Eastの中山遥斗選手がスカウトにアピールをした。

スポンサーリンク

スイング力を評価

中山遥斗選手はこの日、明治安田生命との代表決定戦で2番セカンドで出場し、チームは勝利して日本選手権出場を決めたものの、3打数ノーヒットに終わった。

それでもこの日は6球団のスカウトが視察に訪れたが、

中日・米村シニアディレクター:「いいスイングをしていた。守備はスローイングも強いし言うことない」

横浜DeNA・河原スカウティングディレクター:「大学生の頃よりもパンチ力が増した」

と高く評価、強打の内野手として評価を上げている。

この日、結果を出せなかったことに中山選手は「まだ試合はあるので、やることをやって結果を出して、最後に悪あがきをしてアピールしたい」と悔しさをにじませたが、10月20日のドラフト会議に向けて、まだアピールを続けると決意を述べた。

2022年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
SUBARUの東洋大OB山田知輝&阿部博光「すべては声」教え胸に恩師高橋昭雄前監督に届けた白星 - アマ野球 : 日刊スポーツ
SUBARUが、延長タイブレークの末にJFE東日本に2-1でサヨナラ勝ちし、5大会ぶり17度目の日本選手権出場を決めた。東洋大OBの山田知輝外野手(24)が先… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

三菱重工EASTは今秋ドラフト候補の中山遥斗内野手(24=国学院大)が、NPB6球団のスカウトの前で3打数無安打1四球。「まだ試合はあるので、やることをやって結果を出して、最後に悪あがきをしてアピールしたい」と悔しさをにじませた。それでも中日・米村シニアディレクターは「いいスイングをしていた。守備はスローイングも強いし言うことない」。DeNA河原スカウティングディレクターは「大学生の頃よりもパンチ力が増した」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント