151キロ右腕、JR西日本の石黒佑弥投手をDeNAが評価

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

高校卒3年目の社会人右腕で、最速151キロの速球を投げるJR西日本の石黒佑弥投手に、横浜DeNAの吉見スカウトが評価をしている。

スポンサーリンク

高校時から5キロアップ

石黒佑弥投手は星城高時代に夏の愛知大会の2回戦でセンバツ優勝の東邦と対戦し、その後、侍ジャパンU18代表として活躍しドラフト1位で指名される石川昂弥選手を封じると、自らも3ランホームランを放って初戦敗退させた。

社会人野球のJR西日本に進むと、3年間で体重を10kg増やし、球速を5キロ速くして151キロを記録、今夏の都市対抗1回戦では、四国銀行戦で先発し、7回途中まで2失点の投球を見せた。

横浜DeNAの吉見スカウトは、「一番の魅力はキレのある直球。社会人の3年間で良くなった。フォークがもっと使えるようになれば幅が広がる。クイックの速さもあり、タイミングもとりづらい。」と評価をしており、まだ高校卒で社会人3年目の若い投手でもあり指名が注目される。

石黒投手は「人生の運命が変わる。緊張しますけど、運もあると思うので、かかったらラッキーだなと思って待ちます」と話し、ドラフト会議の指名を待つ。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
JR西日本・石黒佑弥 石川昂擁する東邦を破った151キロ右腕 “プロ切符”待つ「かかったらラッキー」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 【連載 10・20運命のドラフト会議 逸材ファイル<中>】3年前のドラフトで3球団が競合した選抜優勝投手の高校野球を終わらせた男が今年、ドラフト戦線に躍り出る。複数球団から調査書を受け取った最速151キロ右腕のJR西日本・石黒佑弥(21)は、静かに運命の瞬間を待つ。

 ▼DeNA吉見祐治スカウト 一番の魅力はキレのある直球。社会人の3年間で良くなった。フォークがもっと使えるようになれば幅が広がる。クイックの速さもあり、タイミングもとりづらい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント