広島ドラフト3位・東京ガスの益田武尚投手、6位・トヨタ自動車の長谷部銀次投手が力投

社会人野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

社会人野球日本選手権では、広島がドラフト3位で指名した益田武尚投手、5位で指名した大阪ガス・河野佳投手、6位で指名したトヨタ自動車・長谷部銀次投手がそれぞれ力投を見せた。

スポンサーリンク

益田投手1イニング1失点

広島ドラフト3位の益田武尚投手は、5位の大阪ガス・河野佳投手と投げ合う形で9回に登板すると、1イニングに3安打を許して1失点したものの最速は153キロを記録し、リードを保って勝利した。

「ガス対決を取りたい気持ちが大きかった。今日の直球なら押していけると思ったが、コントロールしすぎて甘くいってしまった」と3連打で1失点したことを反省した。投げあった河野投手については、「真っすぐは凄いものがある。抑えていたので、負けないように投げようと思った」と話した。

河野投手は3回1/3を自責点0、味方のエラーで1失点をしたが、最速151キロと球速が戻った。それでもプロ入りに慎重な姿勢を示した

ドラフト6位で指名したトヨタ自動車の長谷部銀次投手は、TDKとの対戦で1-1の同点の8回に登板すると、2アウト2塁で1ストライクという場面で登板した。144キロのストレートで空振りを奪って追い込むと、最後は142キロのストレートで空振り三振を奪い、ピンチを抑えた。

チームも4-2で勝利し、役割の大きなリリーフ登板となった。「気持ちを前面に出し、打者に向かっていけるのが強み。チームに勢いを与えることはできたかなと思います」と話した。

長谷部投手は広島から指名を受け、トヨタ自動車の先輩の栗林投手から「日本選手権を頑張ってから、カープに来てくれ」と言われたという。トヨタを日本一に導き、広島で栗林投手とともに後ろを守る投手になる。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
【2022社会人野球日本選手権】2日目の対戦カードと注目選手一覧
本日開幕する社会人野球日本選手権、2日目の対戦カードと注目選手です。選手を絞り込んで記載しています。
広島ドラ6のトヨタ自動車・長谷部が「2球空振り三振」 緊急登板にも強心臓「前面に出す気持ちが強み」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 広島からドラフト6位指名を受けたトヨタ自動車・長谷部銀次投手(24)が好救援を見せた。

ピンチでも腕を強く振ることのできる勝負強さが持ち味。2球ともに外角狙いが逆球となったものの、強く腕を振ったことで、2球続けて空振りを奪うことができた。

 「気持ちを前面に出し、打者に向かっていけるのが強み。チームに勢いを与えることはできたかなと思います」

【社会人野球】広島ドラフト6位のトヨタ自動車・長谷部銀次、2球で空振り三振(!)好救援で初戦突破貢献
 広島からドラフト6位指名されたトヨタ自動車の長谷部銀次投手が、2球で空振り三振に仕留める見事な好救援で初戦突破に貢献した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント