社会人野球日本選手権予選、三菱自動車倉敷・森唯斗投手が最後の場でアピール、JR九州、西部ガスも勝利

吉田奈緒貴, 大木康智, 飯塚孝史, 大阪ガス, 菊池翔太, JR九州, 西部ガス, 緒方悠, 加治屋蓮, 今村幸志郎, 森唯斗, 三菱自動車倉敷オーシャンズ

 社会人野球日本選手権の本戦は毎年ドラフト会議の後に行われるため、ドラフト前の主だった公式戦でプロ野球への最後のアピールの場となるが、日本選手権予選という事になる。

 昨年のドラフト会議でも下位で指名された選手で、東京ヤクルトドラフト4位の江村将也投手や中日ドラフト6位の井上公志投手などはもちろんこの大会だけではないものの、この大会で好投しプロ入りの決めてとなったと思われる。

 今年もパナソニックの秋吉亮投手が2試合で好投するなど各地で熱戦が繰り広げられているが、この日の中国地区予選で、三菱自動車倉敷オーシャンズの森唯斗投手が4安打無四球で完封勝利を収めた。森投手は小柄ながら140km/h前半のキレの良いストレートを投げ、スライダー、カットなど変化球もしっかりしたものを持っている。徳島・海部高校から4年目で大学4年生の世代と同じ。ドラフト候補となりそうだ。

 また九州大会では西部ガスが大木康智投手と今村幸志郎投手のリレーで完封勝ち、予選からの出場となった強豪・JR九州も吉田奈緒貴投手、加治屋蓮投手、菊池翔太投手の140km/h後半トリオで新日鐵住金大分クラブに勝利した。近畿大会では大阪ガスが緒方悠投手、飯塚孝史投手のリレーで勝利している。

 プロ入りを希望する選手はドラフト会議に向けて、チーム残留を決めた選手は来年に向けて、必死な戦いが続いている。


PAGE TOP