日本通運

社会人野球ドラフトニュース

日本通運の入部選手・退部選手

日本通運の2020年度の新人選手、退部選手です。
社会人野球ドラフトニュース

日本通運監督に、「奇跡のバックホーム」で有名となった1996年の熊本工メンバーの沢村幸明氏が有力

日本通運は2011年から指揮を執った藪宏明監督が退任し、後任に沢村幸明氏が有力となった。沢村氏は1996年に奇跡のバックホームで有名となった松山商と対戦した熊本工の1年生で、9回に同点ホームランを放ち、その試合を演出した。
社会人野球ドラフトニュース

牧田2世、日本通運・和田悠佑投手がNTT東日本完封、4年目のプロ入り狙える

社会人野球日本選手権では、日本通運がNTT東日本を9-0と圧倒した。アンダーハンドの和田悠佑投手が4安打完封勝利を挙げた。
社会人野球ドラフトニュース

北海道日本ハム、ドラフト3位の生田目翼投手と仮契約、武田久氏のような活躍目指す

北海道日本ハムは、ドラフト3位で指名した日本通運・生田目翼投手と、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を交わした。
社会人野球ドラフトニュース

日通、生田目翼投手が打球直撃で降板も逆転勝利

都市対抗野球では昨年準優勝の日本通運が逆転勝利した。プロ注目の生田目翼投手は、打球が足に直撃した影響で序盤に降板した。
社会人野球ドラフトニュース

日本通運・生田目翼投手が8回2安打無失点、11球団視察し巨人が評価

都市対抗南関東地区2次予選では、日本通運が第2代表で都市対抗本戦出場を決めた。155キロ右腕の生田目翼投手が8回2安打無失点の好投を見せた。
社会人野球ドラフトニュース

日通・生田目翼投手が完封、150キロ台連発

都市対抗南関東地区2次予選では、日本通運が新日鐵住金かずさマジックに勝利、生田目翼投手が150キロを連発し、9回4安打で完封勝利した。
社会人野球ドラフトニュース

JABA岡山大会は大阪ガスが優勝、日通・生田目翼投手は151キロ

社会人野球JABA岡山大会は、大阪ガスが日本通運を下し、優勝を納めた。温水賀一投手が準決勝でニチダイを完封し、最優秀選手となった。
中日ドラフトニュース

日本通運・生田目翼投手が7回無失点、8球団視察し中日が高評価

社会人野球のJABA岡山大会では日本通運のプロ注目右腕・生田目翼投手が先発し、5回2アウトまでノーヒット投球をするなど、7回4安打無失点の好投を見せた。
社会人野球ドラフトニュース

日本通運・生田目翼投手が152キロ、パナソニック・吉川峻平投手に勝利

東京スポニチ大会では日本通運とパナソニックが対戦し、日本通運・生田目翼投手が152キロの速球で6回1安打無失点に抑える好投で勝利に貢献した。