星稜高, 奥川恭伸

No Image
この夏の甲子園で150キロを記録した星稜2年の奥川恭伸投手は、「常に145キロ以上を越える」投球を目指し、来年のドラフト会議で「1位か2位までに入りたい」と話した。

星稜高, 奥川恭伸

星稜の2年生エース・奥川恭伸投手が、甲子園大会1回戦の藤蔭戦で150キロを記録した。甲子園で2年生が150キロを記録したのは、田中将大投手、大谷翔平投手、安楽智大投手以来4人目。

星稜高, 奥川恭伸

No Image
星稜の2年生エース・奥川恭伸投手が、甲子園で150キロを狙いたいと話した。

星稜高, 東海林航介, 奈良間大己, 常葉大菊川

No Image
夏の甲子園、今大会に出場する選手の中で、地方大会で最も打率が高かったのが、常葉大菊川の1番・奈良間大己選手、打率は.818だった。また強打の星稜は、2年生の東海林航介選手が1番を務める。

星稜高, 寺西成騎

No Image
甲子園に出場をする星稜高校、1年生の寺西成騎選手は背番号18でメンバー入りすることが決まり、「甲子園では他校の1年生に負けたくない」と話した。

星稜高, 竹谷理央

No Image
高校野球北信越大会は決勝が行われ、星稜が佐久長聖を9-5で下して優勝した。3年生の竹谷理央選手が高校通算23号のバックスクリーン弾を放った。

星稜高, 寺西成騎, 知田爽汰, 内山壮真, 荻原吟哉

No Image
星稜高校はこの日の春季北信越大会準々決勝で、4人の期待の1年生がデビューし、関根学園に7回コールド勝利した。

星稜高, 奥川恭伸

No Image
センバツで140キロ中盤の速球を投げ、ベスト8入りに貢献した星稜の2年生・奥川恭伸投手が、センバツで同じくベスト8に進出した強打線の日本航空石川を、9回4安打12奪三振で完封した。

星稜高, 奥川恭伸

星稜高校は3回1アウトの場面で2年生の奥川恭伸投手が2番手として登板し、最速146キロを記録した速球を武器にストレート勝負を挑んだ。

星稜高, 奥川恭伸

No Image
センバツに出場する星稜が報徳学園と練習試合を行い、146キロを投げる2年生エースの奥川恭伸投手が、7回を2安打11奪三振で無失点に抑えた。

スポンサーリンク
PAGE TOP