東京六大学、早大・吉永健太朗投手が145km/hで復活投球、法大ドラフト候補トリオは立大・沢田圭佑投手に抑えられる

吉永健太朗, 早大, 法大, 立大, 西浦直亨, 沢田圭佑, 河合完治, 大城戸匠理

 東京六大学は第2節で早稲田大と法政大が登場した。

 早稲田大は東大と対戦し、2年生の吉永健太朗投手がチームの開幕投手に指名されると、最速145km/hの速球で8回4安打5奪三振3四死球で無失点に抑えた。1年春の吉永投手にくらべるともう少しという所だが、春に1勝しか出来なかった状態からは立ち直りつつある。春の苦しさを経験して、自分のフォームを叩き込む事ができたのではないかと思う。もう1段階成長するきっかけとなって欲しい。再来年のドラフト1位候補なのは間違いない。

 しかし来年のドラフト候補となる有原航平投手が1戦目で任せられないところが気になる。186cmから153km/hを記録し広陵高校時代から活躍していた投手、春は1戦目の先発を任され3勝を挙げていたが、終盤に調子を崩していた。フォームのぎこちなさや安定感が無いところなど課題も多い。来年は有力な高校生投手が多く、今のままではドラフト1位での指名は難しいといわざるを得ない。

 もう一試合の法政大vs立教大の試合では立教大の1年生・沢田圭佑投手が9安打を許しながらも8奪三振1失点の好投を見せた。春季リーグで強力な打撃力を見せた法大を抑えた。法大のドラフト候補トリオ、1番の大城戸匠理選手、3番の河合完治選手、4番・西浦直亨選手はそれぞれ4打数1安打に終わった。

 立大は序盤に3点を挙げ、沢田圭が9安打を浴びながらリーグ戦初完投勝利を挙げた。早大は吉永が8回を4安打無失点と好投した。


PAGE TOP