亜細亜大が完全優勝、2年生・花城直投手が完封で、また世代のエースが登場

花城直, 亜大, 山崎康晃

 東都大学リーグでは亜細亜大が駒沢大に勝利し、全てのチームから勝ち点を奪う完全優勝を飾った。

花城直投手が完封

 亜細亜大は3年生のエース・山崎康晃投手がベンチ入りを許されず、2年生の花城直投手が先発すると、最速145km/hのストレートと高校時代から抜群のキレを見せたスライダーで、駒大を6安打7奪三振で完封、四死球も2つと制球も安定してきた。花城投手は八重山高校時代に140km/h中盤を投げる右腕投手としてプロからも注目され、ドラフト上位候補にも名前を連ねた。当時から現在でも沖縄では東浜巨投手、島袋洋奨投手と東京の大学へ進学する流れがあり、花城投手も東浜巨投手の進んだ亜細亜大へ進学をしていた。

 花城投手が好投を見せた事で、東浜巨投手、九里亜蓮投手、山崎康晃投手、そして花城直投手と各世代にエース格が誕生し、嶺井博希捕手が抜けるという不安はあるものの、まだまだ覇権は続くかもしれない。

山崎康晃選手はベンチ入りせず

 本来であれば2戦目は山崎康晃投手が投げる。山崎康晃投手は春のリーグ戦で不調の九里亜蓮投手に代わって1戦目を任されると、4勝1敗、防御率1.10でリーグ1位となる活躍を見せた。また、日米大学野球ではリリーフとしてメジャー予備軍を完璧に抑え、最優秀投手賞にも輝いた。

 しかしそれで油断が出ているのか、今シーズンは生田監督が事あるごとに山崎選手に不安を示し、この日は完全優勝にも「すっきりしない。選手にいつでも勝てるというたるんだ気持ちがある。特に山崎はそうだ」とコメントしている。

 それだけ、山崎投手が期待されているということだ。九里亜蓮投手が抜け、山崎選手は来年4年生となる。東浜巨投手が抜けた穴を九里投手は埋めた。そして来年は捕手の嶺井博希選手も居なくなり、投手が捕手を育てていかなければならない。大エースだった大瀬良大地投手でさえ4年生となった今年は重圧に苦しんでいた。山崎投手がもうひとまわり成長できるかどうかは、4年生の春をどのように過ごすかとなる。

亜大・生田監督、完全Vにも渋い表情/東都 - サンケイスポーツ:2013/10/31

 東都大学野球秋季リーグ第8週第2日(30日、駒大0-4亜大、神宮)史上3校目の5連覇を決めていた亜大が6度目の勝ち点5(10勝1敗)の完全優勝。それでも生田監督は渋い表情だった。「すっきりしない。選手に、いつでも勝てるというたるんだ気持ちがある。特に山崎はそうだ」と話した。準エースの山崎はこの日、ベンチ入りしなかった。

 そんな状況で、花城は山崎の代役として初先発して完封。「少ないチャンスをものにできてよかった」と喜んだ。


PAGE TOP