明治大優勝、山崎福也投手、上原健太投手、高山俊選手が明治神宮大会へ

高山俊, 上原健太, 山崎福也, 明治大

 東京六大学は明治大学が優勝を決めた。立教大も含めて4チームによる大激戦となったが、明治大らしく粘り強い戦いぶりで優勝を決めた。

スター候補続々

 明治大野球部は雰囲気の良さなどから選手が集まる環境ができており、明治大学のドラフト候補一覧を見てもプロもうらやむような選手を抱えている。

 ドラフトでは今年は山崎福也投手がオリックスからドラフト1位指名され、来年には3年時に既に100安打を記録した高山俊選手、190cmから140km/h後半の速球を投げる上原健太投手、2年生でもエースとして活躍する柳裕也投手に154km/hを投げる星知弥投手、1年生にもリーグ戦で結果を見せている斉藤大将投手や水野匡貴投手と、これから毎年のようにドラフト1位指名選手が出てきそうな感じだ。

 その選手層の厚さを武器に試合では粘り強い戦いぶりを見せて昨年は春秋連覇を達成し、この秋は2年連続秋制覇となった。それでも楽勝はできない東京六大学だが、最後には結果に表れている。

 

明治神宮大会に来年の注目候補が集まる

 富士大の多和田真三郎投手や駒澤大・今永昇太投手など3年生の好選手が出場することで注目されている今年の明治神宮大会で、本命と言えるのが明治大の高山俊選手と上原健太投手と言える。山崎福也投手や九産大の浜田智博投手など今年の候補にも注目されるが、来年のドラフト会議に向けて早くもプロ野球スカウトがヒートアップするかもしれない。

 今季、打っては高山が史上初めて3年生での通算100安打を達成。勝っても負けても、必ず試合後に練習し、「試合で悪かったところを修正できた」とすぐに課題をクリアしてきた。終盤は常に100安打の重圧と闘い続けたが、最後まで諦めず、最終戦で大記録を達成。粘って快挙を達成した。

 リーグトップの防御率0.96をマークした左腕・上原も先発、中継ぎで3勝を挙げ、貢献。「粘って勝ったのはチームにも自分にも大きな経験。日本一を目指したい」と声を弾ませた。

 エース左腕の山崎は1勝止まりも柳、上原ら投手陣全員でカバー。山崎は「自分がもっとしっかり投げたかったが、チームメートに感謝したい」と言った。昨年は決勝で涙をのんだ神宮大会に向け「何としても日本一で終わりたい」と力を込めた。


PAGE TOP