横浜商大・西宮悠介投手が16奪三振完投

大学野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 今年のドラフト注目左腕投手が揃う横浜商大、この日は東日本国際大と練習試合を行い、西宮悠介投手が先発した。

 西宮投手は力のあるストレートで16三振を奪う力投を見せ、3失点完投し4-3で勝利を収めた。

 安定感がある岩貞祐太投手とは違ったタイプの左腕投手だ。最速148km/hのストレートで押して行くピッチング、ヒットを打たれながらも三振を奪っていくタイプだ。

 プロは完成された岩貞投手の方をドラフト上位に、荒々しいが将来性が楽しみな西宮投手をドラフト中位から下位でという事になりそうだが、大化けする可能性を秘めている。

 西宮投手は佐野日大出身で同校OBの澤村拓一投手(2010年巨人ドラフト1位)のように球の力で抑える感じが似ているかもしれない。昨年の大学野球選手権で20奪三振を記録した東北楽天ドラフト2位・則本昂大投手のように、一気にブレークするかもしれない。三振を奪える必殺球のスプリットもある。

 実績を積んで自信をつけてゆき、相手を見下ろせるようになったら、こういう投手は手が付けられなくなる。

プロ注目!横浜商大・西宮が16K完投勝利  - ニッカンスポーツ・コム:2013/3/18

 神奈川大学野球連盟の横浜商大が18日、南東北大学野球連盟の東日本国際大とオープン戦を行い、4-3で勝利した。

 ドラフト候補左腕の西宮悠介(4年=佐野日大)が先発し、16奪三振の好投で完投勝利を挙げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント