関甲新大学リーグ、上武大・大谷昇吾選手が今度は2打席連続ホームラン

大学野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 昨日、サイクル安打を達成した上武大・大谷昇吾選手が、2戦目となる常磐大戦で1回に先頭打者ホームランを放つと、続く第2打席でもホームランを放ち、2打席連続本塁打を記録した。

 大谷選手は昨日の1回戦でサイクルヒットを記録しており、これで2試合連続ホームラン、2試合3本塁打を記録した。昨日は風が強く、プロ野球でも風に乗ったホームランが見られたが、大谷選手が驚異的なペースで本塁打を記録している。

 大谷選手は175cmの左打のリードオフマンだが、樟南高校時代から一発を持つ選手として評価されていた。今年は3年生で来年のドラフト候補になる。セカンドというポジションでこれだけ打てる選手はなかなか少なく、プロも貴重な大型セカンドとして評価が高くなるかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント