東都大学リーグ、本日開幕!各チームの注目選手を挙げてみました

島袋洋奨, 青学大, 九里亜蓮, 亜大, 中大, 齋藤英輔, 駒大, 国学大, 泉澤涼太, 杉本裕太郎, 江越大賀, 宮里泰悠, 平間凛太郎, 谷中文哉, 杉浦稔大, 伊與田一起, 中川源和, 園部翔也, 森山恵佑, 山田智弘, 専大

 東都大学リーグが今日開幕する。リーグ35勝22完封を記録した歴史的なエース・東浜巨投手(2012年福岡ソフトバンク1位)の活躍で、現在、亜大が3季連続優勝を果たしている。

 しかし、昨年の秋季リーグ戦では九里亜蓮投手が防御率0.70で東浜投手を抑えて1位となった。147km/hのストレートにキレのあるスライダーが特徴で、絶対的な2番手からチームのエースに生まれ変わる。

 また、昨秋2位の中央大も鍵谷陽平投手(2012年北海道日本ハム3位)が抜け、3年生・島袋洋奨投手への比重が益々大きくなりそうだ。泉澤涼太投手の他、今年入部した園部翔也投手などの活躍が鍵となりそうだ。

 昨秋3位の駒沢大も白崎浩之選手(2012年横浜DeNA1位)が抜けた。しかし3年生の江越大賀選手などチームを引っ張った打撃力はまだ健在。あとは投手がどれだけやれるかだが、昨年プロが注目し、今年大学に入学した谷中文哉投手、中川源和投手などの活躍にも期待が膨らむ。

 昨年、谷内亮太選手(2012年東京ヤクルト6位)が抜けた国学大は今年はエース・杉浦稔大投手が注目されそうだ。188cmから146km/hの速球を投げ、良い時は手が付けられないピッチングを見せる。リーグ屈指の投手だ。青学大も150km/hを越すストレートを投げる斎藤英輔投手、188cmの大型選手・杉本裕太郎選手といったスケールの大きな選手が軸となる。

 昨秋、東洋大を破って昇格を果たした専修大も、高校時代に甲子園で活躍した山田智弘投手が148km/hを記録するなど調子を上げてきた。高校時代から注目されていた186cmの大型投手だけに活躍すれば一気にドラフト上位候補になる。また1年生でも森山恵佑選手、平間凛太郎投手、宮里泰悠投手、伊與田一起選手と、本気の補強を見せており、一気に頂点を狙う。


PAGE TOP