国学院大・石川良平捕手の逆転打で勝利、青学大は斎藤英輔投手のケガ響き勝ち点無し

田中一也, 青学大, 齋藤英輔, 国学大, 長谷川陽亮, 石川良平, 白石猛紘

 東都大学リーグの国学院大vs青山学院大の試合では、国学院大の4番捕手・石川良平選手の逆転タイムリー2ベースで勝ち越し、連勝で勝ち点を奪った。

 石川良平捕手は173cmと小柄だが、主将となり4番を任される信頼感の厚い選手。杉浦稔大投手との息もぴったりでリード面でも評価が高い。勝ち点を2として、今後、亜大、中大と対戦し勝ち点を挙げると優勝も見えてくる。石川選手は「優勝の目があるし、総力を挙げて戦っていきます」と話した。

 一方、青学大はここまで勝ち点が0、エースで主将の斎藤英輔投手が右肘痛の為投げる事ができず、長谷川陽亮投手や、田中一也投手、白石猛紘投手などの活躍が期待されたものの、実力を見せられていない。次節に同じく勝ち点を挙げていない専修大との対戦が控えており、重要な試合となりそうだ。

国学院大・鳥山監督「今季一番興奮した」/東都  - サンケイスポーツ:2013/5/9

  東都大学野球リーグ第5週第2日(8日、青学大4-5国学院大、神宮)2回戦2試合を行い、国学院大、中大が連勝し、ともに勝ち点を2に伸ばした。国学院大は、2点を追う六回、主将の石川良平捕手(4年)が右中間へ逆転の2点二塁打を放ち、5-4で青学大に辛勝。

 1点差とした六回に主将の石川が逆転の二塁打。その後、継投で青学大の反撃を抑え勝ち点2とした。鳥山監督は、「今季一番興奮した。練習でやってきたことをしっかり出しての勝ちは大きい」。今後は、勝ち点3の亜大と勝ち点2の中大との対戦が続く。石川は「優勝の目があるし、総力を挙げて戦っていきます」と、きっぱりと言い切った。


PAGE TOP