関谷亮太投手、山崎福也投手、九里亜蓮投手は失点重ねる、西浦直亨選手が4安打、駒大・江越大賀選手が3ランホームラン

近大, 明大, 九里亜蓮, 亜大, 法大, 駒大, 岡大海, 山崎福也, 西浦直亨, 江越大賀, 峰下智弘, 関谷亮太

 大学全日本合宿2日目、東京六大学と東都リーグの選手に明暗が分かれた。

 紅組3番手で登板した明大・関谷亮太投手は初回に同じ明大の岡大海選手から三振を奪うなど2奪三振を記録したものの、2イニング目に4連打などで3失点を喫した。2回5安打4奪三振3失点という内容だった。

 続いて登板した明大の山崎福也投手も2連打の後に近大・峰下智弘選手と岡大海選手にタイムリーを浴びて3失点、2イニング目は無失点に抑えたものの2回5安打1四死球で3失点という内容だった。

 そして続いて登板した亜大・九里亜蓮投手も不安定なピッチング、初回は2アウトから連打と四球で満塁にしたものの何とか無失点に抑えたが、2イニング目にヒット2本から駒大・江越大賀選手に3ランホームランを打たれて3失点、その後もヒットなどでランナーを許すと2本のタイムリーヒットで5失点、厳しいマウンドとなった。

 3投手とも実力はリーグ戦などで証明済みで、この紅白戦だけで選考されるわけでは無いだろうが内容が悪すぎた。大学選手権での疲れもあるかもしれないが、準備不足だったことは否めない。ドラフト候補としても厳しい判断をせざるを得ないだろう。

 一方、法大の西浦直亨選手は5打数4安打を記録、遊撃手としての守備や一発長打に定評があるが、打撃センスも見せることができた。遊撃手が欲しいプロ球団は昨年の金子侑司選手(立命大)のように3位あたりでの指名もあるのではないかと思う。

関谷+山崎+九里=11失点!代表選考合宿  - ニッカンスポーツ・コム:2013/6/23

 紅組は3番手の明大・関谷亮太投手(4年=日大三)が3失点、4番手の明大・山崎福也投手(3年=日大三)が3失点、5番手の亜大・九里亜蓮投手(4年=岡山理大付)が5失点。東京6大学、東都大学リーグ1部の春季優勝に貢献した3投手が11失点と打ち込まれてしまった。

 山崎は「大学選手権もあって疲れもありましたが、良い打者が多かった結果です。これが実力です」と唇をかんだ。


PAGE TOP