【代表24選手決定!】2013年日米大学野球日本代表候補の一覧

大学野球大会 注目の試合 侍ジャパン

 7月6日から日本で行われる日米大学野球の日本代表候補、6月23日に代表24名が発表された。
 選考は6月6日に41人が発表され、また6月15日に追加の7選手が発表された。6月21日からの合宿で行われた紅白戦で24人に絞り込まれた。

 2013年大学生ドラフト候補一覧  2014年大学生ドラフト候補一覧  2015年大学生ドラフト候補一覧    黄色くなっている選手は代表選出

ポジション選手大学出身特徴短評評価
投手関谷亮太明大日大三4年 180cm82kg 右右今シーズンエースとして活躍、トヨタ自動車内定A
山崎福也明大日大三3年 186cm85kg 左左日大三時代から注目の186cmの大型左腕A
石田健大法大広島工3年 179cm77kg 左左2年から法政のエース、140km/h中盤魅力A
山崎康晃亜大帝京3年 176cm72kg 右右151km/h速球、タイブレークで圧巻の直球勝負A
杉浦稔大国学大帯広大谷4年 188cm82kg 右右186cmの長身から投げられる140km後半速球A
六埜雅司東海大光星学院4年 173cm71kg 左左リリーフのスペシャリスト、昨年秋3勝、防御率0.40B
大瀬良大地九州共立大長崎日大4年 186cm82kg 右右151km右腕でドラフト候補、右肩不安も
田中豊樹日本文理大佐賀商2年 180cm86kg 右右最速147km/h、ガッシリした体から重い速球B
風張蓮東農大北海道伊保内3年 179cm76kg 右右伊保内高校で147km記録、リリーフで活躍A
多和田真三郎富士大中部商2年 180cm70kg 右右昨年秋にノーヒットノーラン達成。140km後半魅力A
青木貴之城西国際大東大阪大柏原4年 182cm80kg 左左182cmの大型左腕、力投型B
有原航平早大広陵3年 186cm90kg 右右150km越す速球が魅力A
斎藤俊介立大成田2年 175cm75kg 右右東京六大学で防御率1.13で最優秀防御率B
九里亜蓮亜大岡山理大付4年 186cm82kg 右右147kmの速球あるが低めに集める投球魅力A
高梨裕稔山梨学院大土気4年 186cm79kg 右右145km/hの速球は重く鋭い、制球難も克服A
西村天裕帝京大和歌山商2年 176cm90kg 右右150km/h連発の快速右腕、速球がうなりを上げるA
岩貞祐太横浜商大必由館4年 182cm75kg 日本代表常連の左腕、キレの良い速球と変化球B
小出智彦近大愛知啓成4年 181cm74kg 今春7勝防御率0.15でドラフト候補にB
柏原史陽同志社大桐光学園2年 174cm73kg 右右今春3勝、防御率1.10とブレーク、三振奪えるB
桜井俊貴立命大北須磨2年 180cm70kg 右右北須磨高校時に公立のダルビッシュと呼ばれたB
大橋直也大院大鳴門工3年 176cm76kg 先発リリーフで活躍、140km/h前半B
唐仁原志貴福岡大小林2年 184cm75kg 左左しなやかな長身左腕、5回2/3を2安打13奪三振
捕手嶺井博希亜大沖縄尚学4年 175cm75kg 右両沖縄尚学で東浜巨投手とバッテリーを組み全国制覇B
石川良平国学大桐蔭学園4年 173cm76kg 右右盗塁阻止率NO1捕手、嶋以上の捕手と評価B
梅野隆太郎福岡大福岡工大城東4年 172cm74kg 右右高校通算24本塁打のパンチ力に強肩A
坂本誠志郎明大履正社2年 175cm77kg 右右強肩とフットワークが良く守備力の高い捕手B
木下拓哉法大高知4年 184cm88kg 右右プロ注目の大型捕手、一発長打もB
吉田裕太立正大日大三4年 182cm84kg 右右東都2部だが春に3本塁打記録、日大三の4番打者だったB
平野智基日体大鳥栖4年 177cm82kg 右右堅守と巧打で全日本選手権ベスト4まで勝ち上がるB
内野手三木亮上武大遊学館4年 173cm72kg 右右2年秋に首位打者、遊撃手として華麗な守備B
藤岡裕大亜大岡山理大付2年 177cm73kg 右左1年でサードのレギュラー、投げても148kmの強肩A
岡大海明大倉敷商4年 185cm82kg 右右投げては152km/h50m5.8秒の俊足A
大城滉二立大興南2年 175cm70kg 右右打てる遊撃手として高校時から評価B
河合完治法大中京大中京4年 176cm75kg 右左今春、打率.438と打ちまくったA
西浦直亨法大天理4年 178cm73kg 右右今春、3本塁打18打点で2冠、遊撃手として評価高いA
中村奨吾早大天理3年 178cm75kg 右右昨年秋ベストナイン、今春も打率.349記録A
峰下智弘近大佐賀学園3年 179cm72kg 右左高校時から投打に高い評価、今春遊撃手で打率.356B
山川穂高富士大中部商4年 175cm98kg 右右全国でも常連の大学屈指のスラッガー、打率も高いA
佐藤卓也東北福祉大花咲徳栄3年 173cm66kg 右右大学選手権、10打数4安打のリードオフマンB
茂木栄五郎早大桐蔭学園2年 171cm75kg 右左小柄ながら豪快なパッティングで1年から活躍A
糸原健斗明大開星3年 175cm77kg 右左全日本選手権、12打数6安打で首位打者A
外野手水本弦亜大大阪桐蔭1年 177cm75kg 左左大阪桐蔭春夏優勝メンバー、リーグ戦で5番を打ち活躍A
大城戸匠理法大藤井学園寒川4年 178cm78kg 右左今春打率.488で首位打者、50m6.0秒の足もA
吉田正尚青学大敦賀気比2年 171cm71kg 右左171cmながら今春4本塁打でホームラン王B
江越大賀駒沢大長崎海星3年 181cm83kg 右右50m6.1秒の俊足もある大型選手、長打力もA
谷田成吾慶大慶應2年 183cm86kg 右左高校通算73本塁打も今春は打率.244、0本と不調A
小野田俊介早大早実3年 180cm72kg 右右打率.452、3本塁打とパンチ力と巧打備えるA
山口拓也立命大立命館宇治4年 179cm76kg 右右今春1本塁打、打率.286でベストナインB
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 選手のみなさんには、がんばっていただきたい。
    首脳陣の選手選考に疑問が。。。今後、ブログが炎上しなければ良いけど。

  2. 慶大の白村はともかく、今春の東都1部リーグで最優秀投手、ベストナイン、最多勝の三冠に輝いた今永昇太(駒大2年)が代表候補に選ばれていないのが謎。

  3. 慶応大白村の名前が全然ないけど、本当に中日は1位候補にしてるのか?