亜細亜大・山崎康晃投手が始動、埼玉西武、千葉ロッテ、横浜DeNA、北海道日本ハムのスカウト視察

亜大, 山崎康晃

 亜細亜大が今年の初練習を行い、ドラフト1位候補投手・山崎康晃投手の視察に、埼玉西武、千葉ロッテ、横浜DeNA、北海道日本ハムのスカウトが訪れた。

 

151km/h右腕

 山崎康晃投手は176cmと大きいほうではないものの、帝京高校時代から140km/h中盤の速球を投げ、大学で151km/hを記録した。スライダー、カットボールに加え、ナックルも特徴の投手で、低めに伸びるストレートとそこから曲がる変化球、さらにタイミングを外すことができ、さらにバッターから見づらいフォームで相手に手も足も出ない投球を見せる。

 日米大学野球ではリリーフとして4試合に登板し、メジャー予備軍を防御率0.00に押さえて最優秀投手賞となった。また昨年秋の明治神宮大会でもリリーフとして3試合全てに登板し防御率0.00、大学球界のドクター0となっている。リリーフが多いものの、昨年春はエース格として先発し4勝1敗、防御率1.10で最優秀防御率となっている。

 

大学NO1の声も

 その山崎康晃投手には、この日の初練習に埼玉西武、千葉ロッテ、横浜DeNA、北海道日本ハムのスカウトが訪れた。186cmから156km/hの速球を投げる早稲田大の有原航平投手に大学NO1の声もあるが、大学1年時より勝てる投手として、無失点で抑える手も足も出無い投手として活躍しており、広島は「大学生で頭一つ抜き出ている」と評価している。個人的にも大学生でNO1は山崎康晃投手で、プロ1年目から先発としてもリリーフとしても新人王を獲る投手だと思う。

 ただし、今年は山崎投手にとって正念場となる。これまでは東浜巨投手(2012年福岡ソフトバンクドラフト1位)、九里亜蓮投手(2013年広島ドラフト2位)がおり、先発2番手やリリーフのポジションで全力で投げる事ができた。さらに嶺井博希捕手(2013年横浜DeNAドラフト3位)が抜群のリードをしてリーグ5連覇を達成した。しかし今年はそれらの選手が全て抜け、山崎投手が後輩投手も、捕手も、そしてチームも引っ張っていかなければならない。山崎投手は「今までは先輩にくっついていたけど、今年は誰もいない。自分が背中で引っ張っていかないと」と話した。

 

目標はプロ

 山崎投手はプロ入りについて、「それは個人の話。今はチームで結果を出したい」と話したものの、「リーグ戦優勝を目標にして結果としてプロにも行けたら」と話しプロ入りへのシナリオを描いている。ドラフト会議では安楽智大投手、有原航平投手と並ぶ評価を受ける事になりそうで、プロ球団も単独1位指名で獲得できたら大成功といった投手だろう。

 大学生投手獲得を明言し、その中でも山崎投手を最も高く評価している広島、嶺井博希選手を獲得してさらに即戦力投手も欲しい横浜DeNAなどが1位指名の可能性があると予想する。

 

 東都大学野球の亜大が12日、東京都西多摩郡のグラウンドで始動した。

 西武、ロッテ、DeNA、日本ハムの4球団のスカウトがあいさつに訪れる中、最速151キロ右腕のドラフト上位候補・山崎は今年初ブルペンながら188球の熱投。ソフトバンク・東浜や広島入りした九里らの背中を見て成長を遂げてきた右腕は「背中で引っ張っていきたい。リーグ戦優勝を目標にして結果としてプロにも行けたら」とリーグ6連覇への意欲を語った。

  ロッテ、DeNAなど4球団のスカウトが集まる中、初日としては異例の球数を投げた。昨秋の明治神宮大会で日本一に導いたエース九里(現広島)が抜け「今までは先輩にくっついていたけど、今年は誰もいない。自分が背中で引っ張っていかないと」。新エースの決意を早速、行動で示した。


PAGE TOP