東京六大学では早大・有原航平投手と法大・石田健大投手が開幕でドラフト1位対決

早大, 有原航平, 法大, 石田健大

 東京六大学の春季リーグ戦の日程が発表された。開幕は明大vs東大、そして早大vs法大のカードが組まれた。いきなり早大・有原航平投手、法大・石田健大投手の共に広島出身のドラフト1位候補対決となる。

 

激熱、広島対決

 早大のエース・有原航平投手は187cmの体から156km/hの速球を投げ、昨年秋は3勝1敗、防御率0.72はリーグ1位で最優秀防御率に輝いた。その素質から巨人などがドラフト1位候補に挙げるなど、大学NO1投手と評価されている。法大の石田健大投手は179cmの左腕で147km/hを記録し、昨秋は不調で2勝0敗も、1年時から活躍してここまでリーグ戦は通算15勝6敗、有原航平投手の13勝10敗を上回る成績を残している。

 そして、有原投手は広島・広陵出身、石田投手は広島工出身で、センバツや夏の甲子園では有原投手が注目され、春季大会では石田投手が中国大会で優勝するなど、評価を分けてきた二人だった。

 広島カープの松田オーナーも「頭がいたい」と悩んでおり、「この試合で勝った方」を1位指名するかも!?

 

山崎福也投手、中村奨吾選手もドラフト1位候補

 また早稲田大では内野手の中村奨吾選手が鳥谷敬2世と呼び声高く、ドラフト1位候補として評価されている。打撃ももちろん内野、外野の守備をそつなくこなす野球センス、遠投100mの肩に50m6.2秒の足もあり、淡々と仕事をこなす職人的な選手で非の打ち所がない選手といえる。

 さらに明大vs東大の試合でも明大のドラフト1位・山崎福也投手の先発が予想され、東京六大学では開幕からドラフト1位候補4人が登場する豪華さとなる。開幕試合は4月12日だ。

 


PAGE TOP